• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

犬の登録と狂犬病予防注射など

ページ更新日:2017年3月24日

 

 

狂犬病予防法により、生後91日以上になる犬は、登録と年1回の狂犬病予防注射の接種が義務付けられています。

 

犬の登録

 登録手続き

環境課衛生係の窓口、または、事務委託先動物病院(一覧参照)にて行うことが出来ます。

 

登録手数料 

1頭につき3,000円

 

  

狂犬病予防注射

狂犬病予防注射の手続き 

狂犬病予防注射はかかりつけ、またはお近くの動物病院で年に1回、4月1日から6月30日までの間に済ませ、注射済票の交付を受けてください。

やむを得ず動物病院で受けられない場合は、瀬戸市が行っている集合注射をご利用ください。

市へ登録されている犬については、毎年3月下旬ごろに「狂犬病予防注射のお知らせ」ハガキを送付しますので、接種の際には必ず持参してください。

 

※犬の体調管理などの点から、かかりつけの動物病院での接種をおすすめします。

※飼い犬が病気や高齢などで狂犬病予防注射を受けれらない場合は、動物病院で診断等を受け、診断書等を添えて環境課衛生係までご報告ください。

 

 

 

注射済票交付について 

事務委託先動物病院(一覧参照)または環境課衛生係窓口にて交付を受けることができます。 

委託先以外の動物病院で接種された場合は、動物病院発行の「狂犬病予防注射済証」をお持ちいただき、環境課衛生係の窓口までお越しください。

 

狂犬病予防注射済票交付手数料

 1頭につき550円

 

 その他の手続き

 犬が死亡したとき


環境課衛生係窓口で「犬の死亡届」を提出いただくか、お電話(TEL:0561-88-2661)にてご連絡ください。

 
なお、瀬戸市斎苑で火葬される場合は、斎苑で「犬の死亡届」の提出ができます。

※瀬戸市斎苑でのペットの火葬についてのご案内はこちら

 

登録事項に変更があったとき


・飼い主の変更、瀬戸市内での住所変更

環境課衛生係窓口にて「犬の登録事項変更届」を提出いただくか、お電話にてご連絡ください。

 

 

 


・市外からの転入

 

転入する前の市町村で発行された犬の鑑札を持って、環境課衛生係までお越しいただき、「犬の登録事項変更届」をご提出ください。

 

瀬戸市の鑑札と無料で交換いたします。

 

なお、鑑札を紛失された場合は、転入前の市町村への確認作業がありますので、手続きに時間がかかる場合があります。

 

 

 

 


・市外への転出

転出先の市町村の窓口にて手続きをしてください。

その際、瀬戸市での鑑札と、飼い主氏名・住所がわかるものをお持ちください。

 

 

 

  

 

お問い合わせ

環境課
衛生係
電話:0561-88-2661
スマホ版を表示