• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

瀬戸蔵ミュージアム企画展情報

ページ更新日:2016年9月13日

 企画展「セトノベルティの魅力~ノベルティあらかると~」 

  

 開催期間 平成28年9月17日(土)~平成28年11月13日(日)

     

 

 

セトノベルティの魅力.jpg白頭鷲.jpgパーティーの前 .jpgノーマン・ロックウェル「自画像」.jpg

 

 

 

今回の企画展は、「ノベルティあらかると」と題して、いろいろなメニューを用意しました。普段とは少し違った角度からセトノベルティを見て、新しい魅力を発見していただく機会になればと思います。

 

 

☆展示作品  戦前から平成時代にかけて瀬戸でつくられたノベルティ(陶磁器製の人形・置物)を中心に展示しています。

 

☆展示点数  81点

 

 

展示メニューは次のとおりです。

 

 

1ハクトウワシ-セトノベルティはアメリカを目指す!-

セトノベルティの主な売り先はアメリカでした。セトノベルティはアメリカ文化と寄り添いながらその歴史を刻んできたともいえます。「ハクトウワシ」はアメリカの国鳥として国章にも使われるなど、アメリカを代表する鳥として人気があり、多くのメーカーで製品化されています。

 

 

2セトノベルティ美人勢ぞろい!

セトノベルティの華といえば、18世紀のヨーロッパ貴族の衣装を身にまとった古代人形です。男女ペアで飾られることが多いですが、今回は女性だけを集めて勢ぞろいさせてみました。髪や目の色、表情の違いなどとくとご覧ください。

 

 

3憧れのスローキッス

古代人形の男女ペアの中でヒットした商品として「スローキッス」があります。日本語にすると「投げキッス」です。別れの時などに行う愛情表現で、アメリカ・ヨーロッパの人たちの間では日常的に行われる習慣を製品化したものです。

 

 

4 3D造形の極み-ノーマン・ロックウェル人形の技-

ノーマン・ロックウェル(NormanRockwell 18941978)はアメリカを代表するイラストレーターで、このロックウェルの絵画を題材としたセトノベルティは1970年代から数社のメーカーでつくられました。

下左右すべての角度から見ても違和感なくつくられたフォルムは、原型師を始めとしたセトノベルティの造形力の極みといえます。

 

 

5肌の違いは素材の違い

セトノベルティで使われるやきものの素材は、磁器を始めとして様々なものがあります。

また釉薬の有無や下絵・上絵などの絵付方法など、違いが人形などの肌質の違いにもあらわれ、作品全体の印象を変えます。

 

 

6コストダウンあの手この手

・オリジン

・白雲陶器・半磁器の素材

・S/P(SOLT & PEPPER

・プラスチックレース人形

・石膏型の型割れの数

 

 

7生まれ年がわかります!

人形や食器の底などに「made in occupied japan」という銘を見つけたら、これは太平洋戦争後の昭和22年(1947)から昭和27年(1952)にかけてつくられたものとわかります。

 

 

8何に使う?ノベルティ

ノベルティは置物としてその姿を見て楽しむだけでなく、いろいろな用途をもった製品が開発されていました。

 

 

9何に支えられている?ノベルティ

普段あまり気にすることのないノベルティの「支え」に注目してみてください。原型師の腕と感性にゆだねられることが多い「支え」には、いろいろな題材が使われていることがわかります。

 

光和陶器 白頭鷲.jpg風に向かって立つ男女(女) 光和陶器株式会社.jpg スローキッス.jpg不思議な病気.jpgオリジン.jpgダンスペア.jpg

  

 

 企画展「土の詩~愛陶工陶芸部会展~」

 

 開催期間 平成28年7月9日(土)~平成28年9月25日(日)

 

 

愛知県陶磁器工業協同組合陶芸部会(山崎清孝 部会長)加盟の会員11名による作品展。 

織部や黄瀬戸、志野といった伝統的な釉薬で飾られた花器や茶道具、染付の鉢や馬の目皿といった江戸・明治から続く瀬戸の代表的なやきものから、紫釉、泥彩、真珠釉、焼締など作家の創造力が結晶となった作品など幅広く、まさに「現在の瀬戸のやきもの」があふれる展示をお楽しみください。 

 

出展者: 磯村康雄(陶房康窯)、加藤陽一(岩右衛門窯)、加藤唐三郎(唐三郎窯)、 

加藤益浩(五山楽窯房)、加藤令吉(背戸窯)、寺田鉄平(豊窯・清豊寺窯)、 

長江武良夫(宝山窯)、水野半次郎(瀬戸本業窯)、宮地生成(飽津窯)、 

村上美知恵(窯元 渓泉)、山崎清孝(クラフト悠季) 

 

主な展示品 紫釉双耳花入、間取唐草紋花瓶、焼〆灰釉足付四方皿、福々神天狗猫など64点 

 


 紫衣の壺(加藤令吉).jpg焼〆灰釉四方皿(宮地生成).jpg間取唐草紋花瓶(磯村康雄).jpg福々神天狗猫(山崎清孝).jpg

 

 

イベントのお知らせ

☆型紙カードづくり 9月24日(土)・25日(日)午後1時~午後3時

 

            やきものの絵付技法のひとつ「型紙」を使ってオリジナルカードをつくります。

 

            今回のテーマは「招き猫」です。

 

            参加費無料(要入館料)・先着20名 

 

 

☆呈茶コーナー    9月24日(土)・25日(日)正午~午後3時 

             

             瀬戸で活躍する陶芸作家の茶碗を選んで抹茶をお楽しみください。

 

             1服 400円(生菓子付)

  

☆館内スタンプラリー  9月22日(木)~25日(日)

 

              ミュージアムの中の3つのポイントでスタンプを押すと景品がもらえます。

               

               対象 中学生以下  参加費無料

  

瀬戸焼の招き猫地上絵が登場! 

9月24日(土)・25日(日)に開催される「第21回来る福招き猫まつりin瀬戸」にちなんで瀬戸焼でつくった「瀬戸焼の招き猫地上絵」が登場しました。
これは瀬戸焼の茶碗や皿、鉢など約1,000個のやきものを組み合わせて招き猫を描いたものです。全体の大きさは縦約3.6m横約5.4mです。
今回の地上絵は、文字絵の招き猫です。文字絵とは文字を組み合わせて絵を描く江戸時代の遊びです。左手をあげた招き猫と「2016」と年号が記された地上絵の中に文字が隠されています。


招き猫まつりが開催される9月25日(日)まで設置してあります。みなさんぜひご覧ください。

地上絵 招き猫  広報用.jpg

 

 休館日のお知らせ 

 

平成28年度の休館日は次のとおりです。

 

4月25日(月)、5月23日(月)、6月27日(月)

 

7月25日(月)、8月22日(月)、9月26日(月)

 

10月24日(月)、11月28日(月)、12月19日(月)

 

12月28日(水)~1月4日(水)

 

1月23日(月)、2月27日(月)、3月27日(月)  

 

 

お問い合わせ

瀬戸蔵
瀬戸蔵ミュージアム
電話:0561-97-1190