• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

瀬戸蔵ミュージアム企画展情報

ページ更新日:2018年8月19日

企画展「明治150年記念 明治時代の瀬戸窯業~超絶技巧の世界~ 

 開催期間 平成30年8月4日(土)~平成30年11月4日(日)   

 

 

明治時代の瀬戸窯業 .jpg

千年余にわたる瀬戸のやきもの史の中で大きな転換期かつ発展期であった明治時代。

約260年続いた幕藩体制の崩壊により、窯業界でも保護と専売の体制から自由競争へと変わりました。また明治政府の提唱する「富国強兵」「殖産興業」政策の下、外貨獲得のため、やきものの輸出が進められていきました。それと同時に海外からの新しい技術や情報を積極的に取り入れ、やきものづくりの近代化が進んだ時代でもありました。その結果、瀬戸では窯屋の創業が増え、現在に至る陶都としての繁栄を築く礎の時代ともなりました。

今回は明治の改元から150年の節目に当たることを記念し、「明治時代の瀬戸窯業」と題して当館収蔵品の中から瀬戸でつくられた「超絶技巧」の選りすぐりの作品を展示します。当館では前身である歴史民俗資料館の時代から近代瀬戸のやきものの重要性に着目し、展覧会の開催、作品・資料の収集、他館への貸出事業を行うなどしてきました。これらは土づくりから成形、絵付、焼成へというやきものづくりの工程それぞれで技術の粋が集められた作品ばかりです。

本展覧会で明治時代の日本の中でも最高水準といえる瀬戸のやきものをご高覧いただき、その「超絶技巧の世界」を知る機会となれば幸いです。

 

◆会期中に一部作品の展示替を行います。

 前期展示8月4日(土)から9月24日(月)まで 約80点展示

 後期展示9月26日(水)から11月4日(日)まで 約80点展示(約40点入替)

 

◆主な展示品 青磁上絵金彩窓絵蓋付花瓶、上絵金彩花図竹籠形花瓶、上絵金彩鳳凰図ティーセット、

                        染付鶏図飾壺、染付花鳥図大花瓶(一対)、染付竹図磁板など

 

 

 

 

 

 

 

青磁上絵金彩窓絵蓋付壺 加藤三平(三代)全会期展示.jpg上絵金彩花図竹籠形花瓶 川本半助(六代) 全会期展示.jpg上絵金彩鳳凰文ティーセット 加藤五助(四代) 全会期展示.jpg染付鶏図飾壺 加藤五助(四代)全会期展示.jpg染付花鳥図大花瓶 加藤杢左衛門(二代)全会期展示.jpg染付竹図磁板 加藤善治(三代)後期のみ展示.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

企画展「土の詩~愛陶工陶芸部会展~」 

 開催期間 平成30年7月14日(土)~平成30年9月30日(日)

 

愛知県陶磁器工業協同組合陶芸部会加盟の会員12名による作品展。

織部や黄瀬戸などの伝統的な釉薬で飾られた花器や茶道具、染付の鉢や馬の目皿・石皿といった江戸・明治から続く瀬戸の代表的なやきものから作家の創造力が活かされた作品まで幅広いジャンルの作品が並ぶ、まさに「現在の瀬戸のやきもの」があふれる展示をぜひご覧ください。

 

出展者: 磯村康雄(陶房康窯)、加藤一民・加藤美喜子(カズタミアート)、加藤陽一(岩右衛門窯)、加藤圭史(作助)、加藤唐三郎(唐三郎窯)、加藤令吉(背戸窯)、寺田鉄平(豊窯・清豊寺窯)、長江武良夫(宝山窯)、水野半次郎(瀬戸本業窯)、宮地生成(飽津窯)、村上美知恵(窯元 渓泉)、山崎清孝(クラフト悠季)

 

主な展示品 黒泥青彩壷、黄瀬戸線文大皿、丸皿花詰、福々猫びな など87点

 

黒泥青彩壷 加藤令吉.JPG黄瀬戸線文大皿 加藤唐三郎.JPG丸皿 花詰 加藤一民・加藤美喜子.JPG福々猫びな 山崎清孝.JPG

 

 

 

瀬戸焼招き猫地上絵が登場!

 

H30招き猫地上絵.jpg

9月29日・30日に開催される「第23回来る福招き猫まつりin瀬戸」にちなんで瀬戸焼でつくった「瀬戸焼の招き猫地上絵」が登場しました。

これは瀬戸焼の茶碗や皿、鉢など約2,000個のやきものを組み合わせて招き猫を描いたものです。全体の大きさは縦約3.6m横約4.5mです。

今回の地上絵は、現在瀬戸蔵ミュージアムで開催中の企画展「明治時代の瀬戸窯業」に合わせ、文明開化となった明治時代をイメージさせるシルクハットをかぶった招き猫のデザインとなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

「せとでん栄町乗入れ40周年記念 写真で振り返る栄町乗入れの風景」を開催

東大手駅~清水駅間を走る6600系 撮影 山田 司 .jpg平成30年8月20日に名鉄瀬戸線が栄町乗入れ40年を迎えることを記念して、瀬戸蔵ミュージアム内の旧尾張瀬戸駅舎内で、栄町乗入れ当時の写真15点を展示しています。また合わせて栄町乗入れに関する記念切符などの展示と旧尾張瀬戸駅周辺を再現したNゲージジオラマの展示を行っています。

 

 展示期間は平成31年3月31日(日)まで (ジオラマの展示は8月31日(金)まで)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

栄町乗入れ展 展示風景.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベントのお知らせ

 

 

☆呈茶コーナー営業

 

 9月8日(土)9日(日) 正午~午後3時

 

 地元で活躍する陶芸作家の抹茶茶碗選んで抹茶がいただけます。

 

 一服 400円(生菓子付)

 

 

 休館日のお知らせ 

 

平成30年度の休館日は次のとおりです。

 

平成30年

4月23日(月)、5月28日(月)、6月25日(月)、7月23日(月)

 

8月27日(月)、9月25日(火)、10月22日(月)、11月26日(月)

 

12月25日(火)、12月28日(金)~1月4日(金)

 

平成31年

1月28日(月)、2月25日(月)、3月25日(月)  

 

 

 

 

 

お問い合わせ

瀬戸蔵
瀬戸蔵ミュージアム
電話:0561-97-1190
スマホ版を表示