このページの本文へ移動

瀬戸市

サイト内検索

ID番号検索

閲覧支援ツール

文字サイズ

背景色の変更

チャットボットに質問する

現在地

ジブリ「開園に向けた取り組み」(No.272)

更新日:2022年9月8日

ID番号: 4405

 11月1日(火)、ジブリパークが開園します。5つのエリアのうち、まずは3エリアが開園し、現在着々と準備が進められています。

 このジブリパークは、愛知県が強い思いを持ってスタートした事業です。愛知万博の理念を次世代へ継承し、愛・地球博記念公園の魅力と価値を一層高めるため、スタジオジブリ作品の世界観を表現するジブリパークを整備しています。

 愛知県は、単にジブリパークを造るという公園事業ではなく、愛知万博の理念「自然の叡智」を基に提案されたものを実現し、更なる進化を促す環境をこの地に創り上げようという壮大な構想を持っています。

 そこで、愛・地球博の最初の候補地「海上の森」を自然の宝庫であると認識した時、本市は、地域経済の活性化の視点だけで取り組んではならないと考えています。そのためにまずは、『ジブリパークのPRを徹底的にしよう!』『瀬戸で一人でも多くのジブリファンを創ろう!』と考え、開園に向けた取り組みをしています。本市の主な取り組みを紹介します。

 

1.ジブリパーク開園の周知
  啓発グッズの制作、デザインマンホール・中心市街地街路灯へのバナー設置など。
2.市街地の環境整備
  市街地の清掃、道路・河川の清掃。花と緑のまちづくり活動など。
3、交通手段の整備
  ジブリパークと市内を結ぶバスの運行の実証実験。
4.ジブリパーク校外学習
  ジブリパーク入園の「子ども枠」を最大限活用し、市内小中学校で校外学習等を実施。

 

 今後も、ジブリに関する取り組みを随時紹介してまいります。

 

令和4年9月5日

瀬戸市長 伊藤保德

 

 

 

 IMG_2618_s.jpg IMG_5680_s.jpg

このページに関するお問い合わせ先

シティプロモーション課
電話:0561-88-2658

ページ上部へ戻る

チャットボットに質問する チャットボットを非表示にする