4月のお知らせ情報更新(4/1号広報)

ページ更新日:2022年4月1日

申し込み方法等の詳細については各項目をクリックしご確認ください。

april.png

 

内容 期間、日にち 広報 主催
4月1日から障害児相談窓口を移転します   3/15 発達支援室
new2_s.gif児童手当の申請はお早めに   4/1 こども未来課
new2_s.gifファミリーサポートセンター入会講習会 5月11日(水) 4/1 ファミリーサポートセンター
new2_s.gif児童扶養手当支給額が減額改定   4/1 こども未来課
new2_s.gif4月は「若年層の性暴力被害予防月間」   4/1 まちづくり協働課
new2_s.gif自転車ヘルメットの購入費を補助   4/1 生活安全課

 

 

 

oshirase.png

4月1日から障害児相談窓口を移転します

問合せ先 発達支援室  電話 88・2415

18歳までの障害児の方の相談・支援などを強化するため、計画相談などを含む相談窓口をのぞみ学園から、発達支援室に移転します。

対象 0~18歳の障害児

相談時間 午前8時30分~午後5時15分(土・日曜、祝日を除く)

場所 宮脇町48 発達支援室内

※来所前に電話(41・8083)でお問い合わせください。

 

oshirase.png

児童手当の申請はお早めに

問合せ先 こども未来課  電話 88・2631

児童手当の支給は申請のあった月の翌月分からです。ただし、出生・転入などの申請者は、その日の翌日から15日以内(土日祝含む)に申請をすれば出生・転入月の翌月分から支給されます。

※15日目が休みの場合、翌開庁日(大型連休はご注意ください)

 

oshirase.png

ファミリーサポートセンター入会講習会

問合せ先 ファミリーサポートセンター(せとっ子ファミリー交流館内)  電話 97・2525

日時 5月11日(水)

   午前9時30分~正午

場所 せとっ子ファミリー交流館

内容 センターの利用方法、乳幼児の主な病気と対応の仕方、心肺蘇生法の基礎講話など

対象 ファミリーサポートセンター入会希望の方

定員 10人  ※乳幼児の託児あり(先着順)

申込方法 窓口

申込期間 4月1日(金)~20日(水)  ※4/4・10・11・17・18を除く

 

oshirase.png

児童扶養手当支給額が減額改定

問合せ先 こども未来課  電話 88・2631

全国消費者物価指数の実績値に基づき、4月分から減額改定されました。

本体額  全部支給 43,070円

     一部支給 43,060円~10,160円

第2子加算  全部支給 10,170円

       一部支給 10,160円~5,090円

第3子以降加算額  全部支給 6,100円

          一部支給 6,090円~3,050円

 

oshirase.png

4月は「若年層の性暴力被害予防月間」

問合せ先 まちづくり協働課  電話 88・2801

若年層の性暴力被害が深刻化しています。特に4月は、進学・就職にともなう環境の変化により、被害に遭うリスクが高まる時期です。

(モデルやアイドルへのスカウト、高収入アルバイトへの応募などをきっかけとした、若い女性への性暴力被害、SNS・薬物・飲酒などをきっかけとした性暴力被害)

ひとりで悩まず、各種相談窓口へご相談を

全国共通短縮番号 #8891

 

oshirase.png

自転車ヘルメットの購入費を補助

問合せ先 生活安全課  電話 88・2601

申請期間 4月1日~令和5年3月15日

対象 市内在住の満7歳以上満18歳以下または満65歳以上(R5/3/31時点)で過去に同一の補助金を受けていない方(他の自治体の交付含む)

対象ヘルメット 4月1日~令和5年3月15日に購入し、安全基準マーク(SG、JCF、CE、GS、CPSC)を満たす新品の自転車ヘルメット

補助金額 購入費の1/2(上限2,000円)

申請方法 必要書類を生活安全課へ提出

必要書類 交付申請書兼実績報告書兼誓約書(生活安全課、市ホームページで取得)、ヘルメット購入の領収書等の写し、請求書、振込先銀行口座通帳等の写し

くわしくは市ホームページ

 

スマホ版を表示

▲このページの上へ