☆Q&A 5月 病気の時の預け先

ページ更新日:2020年5月8日

Q&A 5月 病気の時の預け先

 

Q 4月から職場復帰している母です。娘は保育園に通っていますが、病気の時の預け先が心配です。なるべく病気の時は娘の側にいてあげたいのですが、仕事柄どうしても連続で休めない時もあり、どうしたらよいか悩みます。夫も休むのは難しく、祖父母も遠方に住んでいるため頼ることはできません。何か利用できるサービスはありませんか。

 

A 利用できるサービスとして、病児保育があります。

病児保育は、一般の保育園・幼稚園・学校などに出席できないお子さんを、仕事中の保護者に代わって保育を行うものです。

瀬戸市では陶生病院薬局棟2階に瀬戸市病児保育施設を開設しています。

生後6か月から小学3年生までのお子さんを月曜から金曜(土日祝日、年末年始除く)にお預かりします。時間は午前8時30分から午後7時までです。

ただし、一部の感染症などでご利用いただけない場合があります。(麻疹、結核、水痘、インフルエンザ2日目まで(発症日を0日とします)、ノロ・ロタウィルスによる感染性胃腸炎、3歳未満で嘔吐を伴う胃腸炎)

利用していただくには、事前の登録が必要です。登録申請はネットから可能です。

詳細はこちらをご覧ください。→病児保育施設おひさま

 

 

kowaka.png

※子ども・若者相談 くわしくはこちら※

スマホ版を表示

▲このページの上へ