☆Q&A 8月テーマ「トイレトレーニングが…」

ページ更新日:2018年8月8日

 

Q21か月の娘です。おしっこへ行く間隔もあき、言葉も大分出てきてトイレを教えることもできそうな様子だったので、トイレトレーニングを始めましたがうまくいきません。

上手にトイレができたときのご褒美のシールを用意してみたり、ぬれる感覚がわかるといいと聞いたのでトレーニングパンツをはかせてみるのですが、ぬれていても毎回平気で遊んでいます。数回ならともかくずっとこの調子です。

絶対叱ってはいけませんと言われましたが、「なんで!?」と怒りたくなってしまいます。どうしたらいいのでしょうか。

 

A.トレーニングパンツを買ったり、濡れる感覚があればいい等々、いろいろ調べてチャレンジしてみたご様子ですね。

きっとお母さんのなかでは「これでうまくいくはず!!!」だったのだと思います。

子育て中に他にも同じようなことはありませんでしたか?「離乳食これならたべてくれるはず…」「歩いてくれるはず…」「夜寝てくれるはず…」「言葉がいっぱい増えるはず…」。

でも予想通りにならなかったことはなかったでしょうか?トイレトレーニングも同じです。

育児に「こうしたら絶対!」というものはないのかもしれません。

そんな中で言えるのは、お子さんは毎日成長していることです。

今日うまく行かなくても明日または来月はうまく行くかもしれません。それぐらい2歳の成長というのはめざましいものだと思います。

おしっこの水たまりの後片付けが大変ならお母さんが少しでも楽なようにカーペットやクッションなど後片付けが大変なものはなくしてしまいましょう。

お子さんだけでなくお母さんも楽ができるように環境整備をしましょう。

時期も、できるきっかけも、人それぞれです。

もし「ちょっと早すぎたのかも」と思うときは焦らずオムツに戻しましょう。時間を少し置いてトライしていきましょう。

トイレトレーニングや子育てのことでお悩みのことがあればせとっ子すくすく相談にご相談ください。

 

 

 

kowaka.png

※子ども・若者相談 くわしくはこちら※

お問い合わせ

☆こども未来課
電話:0561-88-2636
スマホ版を表示

▲このページの上へ