☆Q&A 春の健康

ページ更新日:2017年3月31日

★春の健康

 

Q:5歳の男の子ですが、4月に年長になるので嬉しそうにしているのですが、時々「部

屋がかわるのはいやだな!」とか「○○先生、違うところに行っちゃうんだ!」と

言ったり、今までしなかった指しゃぶりをしたりします。どのような対応を親はし

たらよいのでしょうか?

 

A:この時期は進級を迎える時で、多くの子どもたちが「一つ大きくなるんだ!」と

喜びでいっぱいになる時期です。しかし、大人の期待を過剰に受け止めて気持ちが

不安定になる子どもさんもいます。今までしなかった指しゃぶりもそのあらわれか

もしれませんね!新しい環境に慣れていくまでは、新しいことにストレスを感じて

いるんだなあと受け止め、指しゃぶりの行為を気に止めず、子どもさんの不安な気

持ちに寄り添ってあげてください。

 

 

Q:3歳の子どもですが、大人のように連続でくしゃみをしたり、時には眼が充血した

  りします。子どもも花粉症でしょうか?また、症状が軽減できる良い方法はないで

しょうか?

 

A:最近は花粉症のこどもさんが増えています。花粉症の場合、外出から戻ってきたら

衣服についた花粉を払い落し、手や顔を洗うことでずいぶん違います。また、外出

前に子ども用の目薬や点鼻薬を指すのも有効です。症状がひどい場合は、医師に相

談してみてください。

 

 

Q: 4歳9か月の子どもですが、時々おねしょをします。おねしょが続くと、ついつ

い「大きくなったのにまだおねしょするの!」と言ってしまいます。大丈夫でしょうか?

 

A: 子どもは、ぼうこうが小さいうえに、尿量を調節する「抗利尿ホルモン」の分泌が不安定で

す。そのため夜間、無意識のうちにぼうこうに入る以上の尿が作られ、あふれてしまうことがあり、これがおねしょです。7歳ぐらいまでのおねしょは、あまり心配しなくても大丈夫。毎晩続くと、洗濯物など大変かと思いますが、大人が心配したり、叱ったりすることで、子どもにストレスを与えないように、気をつけましょう。

 

kowaka.png

※子ども・若者相談 くわしくはこちら※

 

スマホ版を表示

▲このページの上へ