☆Q&A 赤ちゃん周りの危険

ページ更新日:2017年1月11日

★赤ちゃん周りの危険

 

Q:子どもが寝返りを打てるようになり、気がつくと移動しています。今後、危険なこ

とが多くなると思いますがどんなことに注意したらいいのでしょうか?

 

A:一人ひとりの成長や発達は異なりますが・・・・

2か月~4か月のころ(首がすわったり、寝返りを打ち始めるころ)

 ・転落防止のために、ベビーベットの柵は必ずあげておきましょう!

 ・ソファーや段差のある室内に寝かせて、そばを離れたりしないようにしま

しょう!

     ・ゴルフバックなど簡単に倒れてきます。置く場所に注意しましょう。

 

     4か月~8か月のころ(寝返りが活発になり、お座りができ始め視野が広がる

ころ)

     ・手に触れるものを何でも引っ張ります。テーブルクロスを敷くのはやめま

しょう!

     ・ポットや炊飯器は触れるとやけどの恐れがあります。手が届かないところ

に置きましょう!

     ・みつけたものはなんでもなめたり、口に入れてたりして確かめます。床や

手の届く低いところにたばこや医薬品、洗剤等の危険なものを置かないよ

うにして誤飲事故を防ぎましょう!

 

   8か月~1歳6か月のころ(はいはいしたり自分で移動したりできるようにな

るころ)

     ・バスタブの残り湯は危険です。ほんの少しの水で溺れます。浴槽に湯を入

れて準備をしているときは,入り口に鍵をかけておきましょう!

     ・コンセントの穴は好奇心の対象になり、指を入れて感電したりやけどをす

      る事故につながります。コンセントカバーなどをして事故を防ぎましょ

う!

     ・シンクのドアの開閉にはとても興味を持つときです。包丁等があって危険

ですので、開閉ストッパー(市販)等を利用すると便利でしょう!

     ・ドアの開閉で手足を挟まないように、角の鋭い家具には、クッションテー

プをつけましょう!

 

 

 kowaka.png

※子ども・若者相談 くわしくはこちら※

スマホ版を表示

▲このページの上へ