☆Q&A 子どもの食事

ページ更新日:2016年10月17日

★子どもの食事

Q:はちみつは天然の甘味料で栄養もあるのに、なぜ赤ちゃんは食べ

てはいけないのですか?

 

A:はちみつの中にはボツリヌス菌が潜んでおり、1歳未満の赤ちゃん

  は体内にこの菌が侵入すると食中毒になる恐れがあるため、厚生

労働省は、1歳未満の乳児にはちみつを与えないよう指導しています。

 

 

Q:食事の時に食べ散らかし、まわりはぐちゃぐちゃです。どうした

らこぼさず、きれいに食べられるようになりますか?

 

A:月齢、年齢とともに身体も発達して上手に食べられるようになっ

ていきますが、食べる練習をしている時期で、急には上手に食べら

れません。大人もこれを成長発達の時期ととらえて、汚れはちょっ

と我慢してあたたかく見守ってあげましょう。そして子どもが食べ

終わるまでは、いちいち汚れをふき取ったりせず、集中して食べさ

せてあげましょう。

 

 

Q:食事を楽しませるにはどうしたらいいですか?

 

A:子どもは、周りの大人が食事をおいしそうに楽しく食べる姿を見

て、食事は楽しいものと身体で感じていきます。また、一人で食べ

るのではなく、みんなで一緒に食べながら、「○○甘いね!」「よく

噛み噛みできるね!」など会話をしながら楽しい時間としていきま

しょう!食事の量があまり摂れない日もあるかもしれませんが、無理強いせずに、楽しい雰囲気を心がけましょう!

 

 

Q:離乳の完了とはどのような状態のことをいいますか?

 

A:離乳の完了とは、形のある食物をかみつぶすことができるように

なり、エネルギーや栄養素の大部分が、母乳または育児用ミルク以

外の個々の食物からとれるようになった状態をいいます。その時期

は生後12~18か月頃ですが、母乳または育児用ミルクを飲んで

いない状態を意味するものではありません。この頃には1日3回の

食事、1日1~2回の間食が目安です。

 

 

kowaka.png

※子ども・若者相談 くわしくはこちら※

 

スマホ版を表示

▲このページの上へ