ノベルティとは、陶磁器製の置物などの装飾品のことをいいます。ノベルティという英語には「新奇な商品」という意味があり、それまでの食器を中心とする輸出品に比べて、これらの装飾品が目新しかったために、こう呼ばれるようになったといわれています。

 瀬戸は、世界有数のノベルティ産地です。しかしノベルティは、海外で親しまれている一方、ほとんどが輸出品としてつくられていたため、国内では、あまり知られていませんでした。瀬戸のノベルティの歴史は、明治時代中期頃からつくられるようになった玩具に始まったといえます。浮き玩具やインド人形などがつくられましたが、当時の技術はまだ低く、比較的単純な形のものしかつくることができませんでした。しかし、第一次世界大戦が始まり、ドイツ製人形の供給が途絶えると、ドイツ製に劣るとはいえ、ビスク人形と呼ばれる素焼きの裸人形をはじめとする瀬戸のノベルティは、飛ぶように売れていきました。これらには、瀬戸が培ってきた陶彫や石こう膏型成形などの技術が生かされました。そして昭和時代初期には、ドレスデン人形やハンメル人形など、ドイツ製品と肩を並べるほどの高い品質をもったノベルティを生産することができるようになりました。その後、第二次世界大戦末期には、一時ノベルティの生産は途絶してしまいますが、戦後は再び活気を取り戻しています。

 今日では、円高などによる輸出の伸び悩みが問題となっていますが、国内向きの生産に転換するなど、新たな市場の拡大に努めています。(伊藤)
古代ギリシャ人形
丸山陶器株式会社
1955 年 高さ45.8
瀬戸市歴史民俗資料館蔵
白頭鷲
大東三進株式会社
1979 年 高さ52.0
瀬戸市歴史民俗資料館蔵