磁祖加藤民吉(じそかとうたみきち)

瀬戸(せと)の大松窯(おおまつがま)の窯元(かまもと)・加藤吉左衛門(かとうきちざえもん)の二男として生まれた加藤民吉(かとうたみきち)は、「一子相伝制(いっしそうでんせい)(長男のみに陶業を継がせる)」という窯屋(かまや)仲間の取り決めのために、家業の窯業(ようぎょう)を継げずにいました。そのため、父吉左衛門と共に、名古屋の熱田において新田開発に従事していたところを、尾張藩熱田奉行津金文左衛門(つがねぶんざえもん)の目に留まり、彼の研究していた南京焼(なんきんやき)と呼ばれるやきものの研究を手伝うこととなりました。この南京焼(なんきんやき)こそ、いわゆる染付磁器(そめつけじき)のことだったのです。そして享和元年(1801)9月、ついに盃、小皿、箸立など小品ではあるものの染付磁器の製造に成功しました。しかし素地(きじ)や釉薬(うわぐすり)など、まだ問題点は多く、肥前(ひぜん)のような磁器(じき)は焼くことができませんでした。
 
 このため、享和4年(1804)民吉(たみきち)は、天草東向寺(あまくさとうこうじ)(曹洞宗)の天中和尚(てんちゅうおしょう)(愛知郡菱野村出身)を頼って、一人九州へ旅立ちました。九州に着いてからは、苦労と努力を重ねたと伝えられています。やがて、丸窯(まるがま)や柞灰(いすばい)など、肥前(ひぜん)の技法を習得した民吉は、文化4年(1807)瀬戸に戻ってきました。有田(ありた)に遅れること約200年。こうして民吉の帰郷によって伝えられた肥前磁器の製造法のおかげで、瀬戸の染付磁器(そめつけじき)は急速に進歩し、発展していきました。こうした業績をたたえ、民吉は瀬戸の磁祖(じそ)として窯神神社(かまがみじんじゃ)に祀られ、9月の第2土・日曜日には「せともの祭り」が開催されています。