本市域における窯業(ようぎょう)生産の始まりは、近年の発掘調査によって平安時代の中頃まで遡ることが明らかにされています。今から約1000年前の10世紀後半代の灰釉陶器を焼成した窖窯(あながま)が市域の南部の幡山(はたやま)地区で発見されています。灰釉陶器の窯(かま)は、燃焼室(ねんしょうしつ)と焼成室(しょうせいしつ)の境に分炎柱(ぶんえんちゅう)が設けられた幅の狭い寸胴形(ずんどうがた)の窖窯で、市域には約10基存在しますが、古代猿投窯(こだいさなげよう)の拡散によって瀬戸窯(せとよう)ばかりでなく東海地方各地に拡がっています。当時の灰釉陶器には、大小の椀を始め深椀(ふかわん)・輪花椀(りんかわん)・段皿(だんざら)・耳皿(みみざら)・折縁皿(おりふちざら)・広口瓶(ひろくちへい)・短頸壺(たんけいこ)など様々な器種がみられ、灰釉陶器ばかりでなく緑釉陶器(りょくゆうとうき)の素地(きじ)となる椀・皿類の焼成を行ったことが知られています。なお、11世紀中頃になると、灰釉陶器は器種のバラエティーは乏しくなり大小の碗や片口鉢(かたくちばち)を主体とする生産に移行しますが、この時期の窯からは「百代寺(ひゃくだいじ)」とヘラ書きされた碗類が発見されており、何処にあった寺なのか非常に興味深いところです。

 ところが11世紀の終わり頃になると、東海地方の灰釉陶器(かいゆうとうき)の生産者はほぼ一斉に施釉技法(せゆうぎほう)を放棄し、無釉(むゆう)の碗・皿・鉢類を主体とするいわゆる山茶碗(やまぢゃわん)生産に転換します。瀬戸窯(せとよう)においてもそれは例外ではなく、専らこの山茶碗を生産した窖窯(あながま)が市域全域に約200基ほど存在し、室町(むろまち)時代にかけて生産を行っております。当時の山茶碗窯(やまぢゃわんがま)は、分炎柱(ぶんえんちゅう)を掘り抜いた地下式の窯(かま)で、灰釉陶器のそれと比べると長大なものとなっています。ところで瀬戸窯の山茶碗には、形状が異なる二系統の山茶碗が存在します。一つは、猿投窯(さなげよう)や常滑窯(とこなめよう)などに普遍的にみられる胎土(たいど)の粗い尾張型山茶碗(おわりがたやまぢゃわん)と、もう一つは東濃窯(とうのうよう)を中心に広範にみられる均質胎土の東濃型山茶碗(とうのうがたやまぢゃわん)で、市域では前者が品野(しなの)地区北部を除く瀬戸窯のほぼ全域に分布するのに対して、後者は水野(みずの)地区から品野地区を中心に分布しており、東海地方の窯業技術の交流を考える上で重要な問題をはらんでおります。なお、これら山茶碗の需要層については、消費遺跡の大半が愛知・岐阜・三重・静岡といった東海地方一円に集中していることから、一般庶民にまで供給された極めて在地性の強いやきものであったと考えらています。
灰釉大腕・小腕
百代寺窯跡出土 11世紀中期  
口径(腕)15.0 瀬戸市歴史民俗資料館蔵
山茶碗・小皿
太子A窯跡出土 13世紀中期 
口径(腕)14.4 

瀬戸市歴史民俗資料館蔵
山茶碗・小皿
下半田川C窯出土 13世紀後期 
口径(腕)14.4 

瀬戸市歴史民俗資料館蔵