日本で最初にやきものが製作されたのは、縄文(じょうもん)時代の草創期で、今から約12000年前のことと言われています。当時のやきものは土器(どき)と呼ばれるもので、明確な窯(かま)をもたず「野焼(のや)き」によって1000度未満の低火度で焼成(しょうせい)された素焼(すや)きのやきものです。瀬戸市域では縄文早期の押型文(おしがたもん)土器が品野(しなの)地区の岩屋堂遺跡(いわやどういせき)で発見されています。その後、縄文土器は弥生(やよい)時代には弥生土器、古墳(こふん)時代以降は土師器(はじき)と呼ばれるようになり、一部の地域では今日まで土器生産が行われています。

 古墳(こふん)時代の中頃になると、朝鮮半島から技術者の渡来によって須恵器(すえき)と呼ばれる新たなやきものが製作されます。須恵器はこれまでの土器(どき)とは異なりロクロによって仕上げられた硬質(こうしつ)のやきもので、「窖窯(あながま)」という丘陵斜面に構築された燃焼室(ねんしょうしつ)・焼成室(しょうせいしつ)・煙道部(えんどうぶ)からなる窯炉(ようろ)によって焼成されています。東海地方では、本市の南方に位置する猿投窯(さなげよう)において5世紀の中頃に生産が確立します。なお、猿投窯では、7世紀末頃になるとこの須恵器に恒常的に自然釉(しぜんゆう)が掛かりはじめ、8世紀中頃には意図的に窯内の火前に置いて焼成された原始灰釉陶器(げんしかいゆうとうき)に発展し、そして9世紀になると日本で初めて植物の灰を釉薬(ゆうやく)とした灰釉陶器の生産に成功します。『日本後紀(にほんこうき)』の弘仁6年(815)の条にみられるいわゆる「弘仁瓷器(こうにんしき)」は、緑釉陶器(りょくゆうとうき)のことを指していますが、緑釉陶器の生産技術を応用することにより、灰釉陶器の生産が確立したと考えられています。
深鉢形土器
大六遺跡出土 縄文晩期 
器高40.7 瀬戸市歴史民俗資料館蔵
鳥形鈕蓋付台付短頸壺
塚原六号墳出土 6世紀後期 
総高28.6 

瀬戸市歴史民俗資料館蔵
灰釉縄手付瓶
広久手F窯跡出土 11世紀中期 
器高24.6 

瀬戸市歴史民俗資料館蔵