• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

県政「広報あいち9月号」(No.273)

ページ更新日:2022年9月8日

 「広報あいち」9月号は、「防災」について大きく取り上げられています。大村秀章知事が「災害の心構え」について、次のように述べられています。

 

 『近年、全国各地において、地震、台風、集中豪雨などによる大規模な自然災害が相次いで発生しております。

 愛知県では、「安全・安心なあいち」に向けて、防災・減災対策に取り組んでいますが、県民の皆様一人ひとりが心構えを持ち、家具等の固定や、飲料水・食料・携帯トイレなどの備えをしていただくとともに、普段から、地域や身近にいる人と助け合える関係作りが重要です。

 「備えあれば憂いなし」

 ご自身や大切なご家族を守るため、日頃から災害に備えていただきますようお願いします。』

 

 キャッチコピーに「自助と共助の備えが、命を守る」とありますが、まさにその通りだと思います。防災活動に、「これでよい!」という満足点はありません。時代に応じて新しい取り組みが必要です。さまざまなことを学びながら防災活動の質を高めていく必要があります。最近では、避難所の運営において、新しい考え方による取り組みが始まっています。それは、「感染対策」や「ペット連れの避難」などによる物理的なスペースを確保する考え方です。他人への配慮などについて、避難所のあり方を根本的に見直す機会となっています。
 本格的な台風到来の季節になってまいりましたので、皆さまもぜひ防災への備えをお願いします。

 

 その他の「広報あいち」には、「BA.5対策強化宣言」発令中の記事が大きく掲載されています。コロナウイルス感染症の第七波は減少傾向ではあるものの、まだ収束の兆しを見ることはできず、「BA.5対策協宣言」は9月30日まで延期されています。引き続いて基本的な感染防止対策をお願いします。
 

※愛知県「広報あいち」のページ

 

 

令和4年9月6日

瀬戸市長 伊藤保德

 

 

 

 kohoaichi220209.jpg

お問い合わせ

シティプロモーション課
電話:0561-88-2658
※迷惑メール対策の為、@が画像になっております。
コピーを行った際、【アットマーク】に置き換わりますので、お手数ですが手動で【@】に置き換えて送信をしてください。
スマホ版を表示