• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

No.948 天草から民吉人形「とおしもん」

ページ更新日:2022年8月23日

 

 本市は磁祖である加藤民吉の生誕250年を記念して、さまざまな顕彰事業を実施しています。また、本市は天草市と昨年10月に交流連携協定を結び、交流事業を進めています。その交流の一つとして、天草市から天草伝統民芸「とおしもん」を送っていただき、ただ今、市役所に展示中です。

 「とおしもん」は、稲にサネムシが大量発生した昔に、等身大の人形をつくって虫を追い払う虫追いの行事として作られていたものです。

 人形のテーマは「上田宜珍(よしうず)と瀬戸焼磁祖加藤民吉」。民吉の九州最初の修業地である天草市で、上田宜珍に指導されている姿を表現しています。これは、「伝統民芸とおしもん保存会研究会」の指導のもと天草市本渡(ほんど)中学校の生徒が制作しました。

 

 瀬戸でもその昔、虫送りが行われていたことを思い出しました。人形は作られていなかったようですが歌がありました。子どものころ田道を歩きながら、「おんかの神送りの~さいとうべっとうさねもりよ~」と歌っていました。

 天草との交流で新たな学びや発見があり、とても興味深いものばかりです。「とおしもん」は9月30日(金)まで市役所1階に展示しています。ぜひご覧ください。
 

 

伊藤保德

 

 

 IMG_5522_s.jpg IMG_5523_s.jpg

 

 IMG_5525_s.jpg IMG_5526_s.jpg

 

 IMG_5527_s.jpg IMG_5528_s.jpg

お問い合わせ

シティプロモーション課
電話:0561-88-2658
※迷惑メール対策の為、@が画像になっております。
コピーを行った際、【アットマーク】に置き換わりますので、お手数ですが手動で【@】に置き換えて送信をしてください。
スマホ版を表示