• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

No.942 致知8月号より

ページ更新日:2022年8月18日

 

 人間学を学ぶ雑誌「致知」8月号の特集は、『覚悟を決める』でした。表紙の写真はラグビーの五郎丸歩さんと柔道の井上康生さんです。五郎丸さんはビジネスマン(静岡ブルーレヴズクラブ・リレーションズ・オフィサー(CRО))、井上さんは柔道家として「覚悟を決めた時・・・」などについて対談しています。

 二人は、お互いを尊敬しあう間柄で、対談の随所にそうした気持ちがよく表れていました。取り組まれていることは大きく違うものの、考え方はとても似ています。特に「覚悟を決める」「自分を信じる」時の思いは二人とも同じで、一流アスリートにとっては王道だと感じました。

 もう一つの対談記事、『バリアフリーな社会を目指して』は、車椅子生活の二人の女性によるものでした。東京パラリンピック閉会式のアトラクションで車椅子ドラムを披露した、小澤綾子さんと中嶋涼子さんです。

 対談全体からは、驚くほどの明るさと前向きな姿勢を感じました。車椅子生活を「違いを楽しもう!」とまで言いきる言葉には感動を覚えました。

 会社員で歌手の小澤さんは、「目指しているものがあれば、どんな大変なことに直面しても、この道は通らなければいけないと思えて、大変なことが大変に思えなくなります。」と語り、車椅子インフルエンサーの中嶋さんは、「障碍者の自分がいろんなことを楽しんでいる姿を見せることで、少しでも明るく、前向きに生きていける人が増えてほしい。」と答えています。

 まさに、覚悟を決めて前へ進む姿を学びました。こういう生き方をしたいものです。

 

伊藤保德

 

 

 IMG_5425_s.jpg IMG_5426_s.jpg

お問い合わせ

シティプロモーション課
電話:0561-88-2658
※迷惑メール対策の為、@が画像になっております。
コピーを行った際、【アットマーク】に置き換わりますので、お手数ですが手動で【@】に置き換えて送信をしてください。
スマホ版を表示