• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

No.941 藤井五冠のすごさ

ページ更新日:2022年8月18日

 

 藤井聡太五冠は先月二十歳を迎えました。対局の姿を見ると、青年棋士として風格も出てきたように思います。十四歳でプロ棋士としてデビューされ、早や6年が経過しましたが、その間の活躍は日本中の人たちから注目され、今や八大タイトルのうち五つを保持するトップ棋士として、その座をさらに盤石なものにしています。

 先日、日本経済新聞の記事で「棋聖戦」五番勝負の相手であった永瀬拓矢王座の談話が紹介されていました。見出しは『藤井五冠のすごさ再認識』です。

 永瀬王位は、『藤井さんとは普段から指していて、お互い何を指すか把握している中での初めてのタイトル戦。藤井さんが普段とどう違うのかと思いましたが、実際戦ってみると普段どおりでした。それがすごいことで、尊敬しているところです。盤上の探究心や知識欲が強い方だからこそ、舞台(の大きさ)に関係なくできる。』と語っていました。藤井五冠の凄さとともに永瀬王座の着眼点もさすがだと思いました。

 

 昔、藤井五冠がまだプロ棋士養成機関である奨励会に所属されていた頃に、初めてお会いしました。その時の話をした内容は今でもよく覚えています。特に印象的だったのは、「どんな応援をして欲しいですか?」と尋ねたところ、即座に「将棋文化を普及してください」と答えられました。とても中学1年生とは思えない、将棋に対する探究心がとても高い方だと感じました。これからも今まで以上に応援してまいります。

 

伊藤保德

 

 

 IMG_5477_s.jpg IMG_5435_s.jpg

 

 IMG_5437_s.jpg IMG_5438_s.jpg

お問い合わせ

シティプロモーション課
電話:0561-88-2658
※迷惑メール対策の為、@が画像になっております。
コピーを行った際、【アットマーク】に置き換わりますので、お手数ですが手動で【@】に置き換えて送信をしてください。
スマホ版を表示