• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

No.936 県陶磁美術館の観覧者数を増やしたい

ページ更新日:2022年8月10日

 

 毎年8月頃に、愛知県陶磁美術館運営会議が開催されます。会議では、美術館の運営や常設展、企画展および普及活動など、いろいろな議論があります。その中で、とても気になる報告がありました。陶磁美術館の収支決算に大きく影響する「観覧者数」です。毎年計画的に行われている企画展や特別展で、観覧者数が「計画数」を下回っています。また、瀬戸市内に立地していながら、市民の観覧数が全体の10%に満たないことも大変残念に思っています。

 当美術館は「陶磁資料所蔵数日本一」といわれています。また、「ものづくり愛知」を掲げる中で、その源の一つは「陶磁器」です。文化的な価値を高めることはもちろん、産業としても繁栄していかなくてはなりません。展示はとても興味深く素晴らしい内容のものばかりです。今後、企画の内容や告知など改善を行いながら、一人でも多くの市民が訪れるよう、市としても工夫していこうと思います。

 

伊藤保德

 

 

 IMG_5382_s.jpg IMG_5383_s.jpg

 

 IMG_5384_s.jpg IMG_5385_s.jpg

お問い合わせ

シティプロモーション課
電話:0561-88-2658
※迷惑メール対策の為、@が画像になっております。
コピーを行った際、【アットマーク】に置き換わりますので、お手数ですが手動で【@】に置き換えて送信をしてください。
スマホ版を表示