• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

No.929 新世紀工芸館企画展「73 中田ナオト 松藤孝一」

ページ更新日:2022年7月29日

 

 新世紀工芸館企画展「73 中田ナオト 松藤孝一」を観に行きました。

 この企画展は、瀬戸の伝統と文化、そして歴史的背景を基に、地域との関りを積極的に持つ多くの現代作家が加わることにより、新たな視点による陶・ガラス素材を展開し、次世代にふさわしい芸術・工芸の発展を目指すことを目的に開催されています。また、タイトルの「73」は、出展者の二人がともに、1973年生まれからつけられています。入館するといつもと少し違う雰囲気を感じました。

 県陶磁美術館の入澤聖明氏は次のようにコメントしています。

 

 二人の作品には共通したあり方が見受けられる。いずれも陶やガラスを主たる表現媒体として扱いながら、作品の素材感や技巧に力点を置くのではなく、作品が造形言語として作用し、物語が派生していくあり方を示している。このような表現手法の出自は、本展のタイトル「73」にも掲げられた彼らの生まれた1970年代に遡ることができる。

 

 手にした作品の説明には制作意図ではなく「ものがたり」が記載されていて、雰囲気の違いが腑に落ちました。

 

(作品の説明文)

 作品N1・中田ナオト「ブリックピクニックシート」
 子どものころ、ベッドに寝転んで見上げた天井の模様で、無意味にあみだくじをしていました。そんな僕らのそれぞれの経験を下敷きに、過去と未来を行き来します。

 

 作品M4・松藤孝一「海の果てからこんにちは」
 (※カゴを持って、目を閉じ、ゆっくりと左右に動かしてください。)
 異国者のように、ガラス瓶が海を渡り、たどり着いた土地で長い年月をかけてガラスが砂(珪砂)に還る。

 

 作品ごとの「ものがたり」を、皆さまもぜひお楽しみください。

 

※会期は9月19日(月・祝)まで。

 

伊藤保德

 

 

 IMG_5247-3.jpg IMG_5249_s.jpg

 

 IMG_5252_s.jpg IMG_5254_s.jpg

 

 IMG_5256_s.jpg IMG_5260_s.jpg

お問い合わせ

シティプロモーション課
電話:0561-88-2658
※迷惑メール対策の為、@が画像になっております。
コピーを行った際、【アットマーク】に置き換わりますので、お手数ですが手動で【@】に置き換えて送信をしてください。
スマホ版を表示