• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

No.923 市政だより・あまくさ

ページ更新日:2022年7月22日

 

 熊本県天草市とは、昨年10月1日に「交流協定」を締結し、具体的な事業が計画されています。ただし、コロナ禍ということで直接的に行き来することに制限があり、なかなか予定通りにいきません。そのようななかでも両市による広報誌の交換やお互いの市の魅力を誌面で紹介する交流を行っています。

 先日、「市政だより・あまくさ7月号」が送られてきました。読んでいくと2つの記事がとても印象的でした。1つは、海に囲まれた夏にふさわしい3つのカーフェリーについての特集記事です。誌面のリード文はとても天草らしい内容です。

 

<普段の移動や旅行などに利用されているフェリーは、天草に住む私たちにとって、身近な公共交通機関です。長崎県や鹿児島県に最短距離で行くことができて、ちょっとした旅行気分を味わうことができます。今号では、天草と島原半島や長島をつなぐ3つのカーフェリーを紹介します。この夏、フェリーで“プチ船旅”をしてみませんか。>

 

 記事の中では、船や特長などが紹介されていました。次に天草を訪問した際には、ぜひ乗ってみたいと思います。

 

 もう1つは、裏表紙一面に「はじめてのせともの」展が案内されている記事です。

 1804年、磁祖 加藤民吉翁が磁器の製法を学ぼうと、最初に訪ねたのが天草の東向寺でした。そこから天草とのご縁が始まり、民吉翁が持ち帰った技術が基となり陶業全般の発展につながりました。

 「はじめてのせともの」展では、「せともの」の展示会が開催されています。一方で、今年の「せともの祭」の子ども陶芸展には、天草の子どもたちの作品が展示される予定です。

 今後も、さまざまな交流を行ってまいります。

 

伊藤保德

 

 

 kohoamakusa1.jpg kohoamakusa4.jpg

 

 IMG_5266_s.jpg IMG_5267_s.jpg

お問い合わせ

シティプロモーション課
電話:0561-88-2658
※迷惑メール対策の為、@が画像になっております。
コピーを行った際、【アットマーク】に置き換わりますので、お手数ですが手動で【@】に置き換えて送信をしてください。
スマホ版を表示