• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

No.921 国際芸術祭あいち2022

ページ更新日:2022年7月21日

 

 7月16日(土)、愛知県陶磁美術館で国際芸術祭「あいち2022」連携企画事業/特別展「ホモ・ファーベルの断片―人とものづくりの未来―」が開催されました。
 案内パンフレットには次のように説明されており、本展覧会が同館で開催される意図がよくわかります。

 

 <フランスの哲学者アンリ=ルイ・ベルクソンは、道具のための道具を製作すること、あるいはその製作に変化をこらしていく能力(創造性)が人の知性の本質であると指摘し、創造性をもつ人をホモ・ファーベル(工作人)と定義しました。

 やきものはその原初を辿れば、人が知性の本質に従って創造した道具であり、今なお人の営みにあわせてつくり続けられています。なかでも現代陶芸は、作り手の自由な意思行為にもとづく造形として展開され、時代を映す多様なあり方を示していることから、「ホモ・ファーベルの断片」として捉えることができます。>

 

 今回の特別展では、人の創造性をテーマに、創造の前提となる「素材」、培われてきた「技」、形成されてきた「場」に焦点を当てられています。また、「ツクリテの自由な意思にもとづく造形」として表現されている点にも共感しました。

 展示場所として、本館・南館・古窯館・芝生広場の美術館全てが使われており、じっくり楽しむことができます。ぜひご観覧ください。

 

※会期は10月2日(日)までです。

 

伊藤保德

 

 

 IMG_5242_s.jpg IMG_5243_s.jpg

 

 IMG_5218_s.jpg IMG_5219_s.jpg

お問い合わせ

シティプロモーション課
電話:0561-88-2658
※迷惑メール対策の為、@が画像になっております。
コピーを行った際、【アットマーク】に置き換わりますので、お手数ですが手動で【@】に置き換えて送信をしてください。
スマホ版を表示