• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

No.916 誕生日の花・花言葉

ページ更新日:2022年7月6日

 

 

 本市では、多くの市民の皆さんが花づくりに励んでみえます。自分の庭での花づくりから、交差点などの空き地や公園などで、地域のための花づくりに汗を流してみえる方など、大変ありがたく思っています。

 こうした活動を、本市のまちづくり活動の一環として位置付け、個々の活動を尊重しつつ広域的に活動を推進していこうということで、「花と緑のまちづくり推進連絡協議会」が開かれ、各地域や個人、企業などが参加して緑化推進の情報交換や事業推進について話し合われています。そのような機運のなか、私自身ももっと花のことを知りたいと思い、『誕生日の花図鑑』(ポプラ社刊)を購入しました。この図鑑は1月1日から12月31日まで全ての日に「誕生日の花」の紹介があります。機会を見つけては読んでいると、花についての新しい発見があり、とても勉強になっています。

 本市の誕生日である市制施行記念日は10月1日ということで、この日の花を紹介します。

 

 <10月1日の花「デュランタ」 花言葉:あなたを守る>
 デュランタの花は、ビロードのような花びらをもち、しだれた枝の先に、たくさんの花をつけます。花は藤色か淡い青紫色で、花びらに白い縁取りの入るものもあります。

 デュランタという名前は、16世紀、ローマ法王の侍医をつとめていたドゥランテスの名を記念したものです。ハリマツリとか、ジュランカズラ、タイワンレンギョウなどの和名があります。熱帯アメリカが原産で、アメリカのフロリダ州、メキシコから、西インド諸島、南アメリカのブラジルまで分布しています。

 暖かいところの植物ですが、寒さに強く、関東地方南部では戸外でも育ちます。果実は丸く、濃い黄色に熟して、食べられます。野鳥が食べて種を運ぶため、思わぬところに生えていることがあります。

 

 本市の花は「ツバキ」ですが、「デュランタ」もとてもきれいな花です。「あなたを守る」という花言葉が、この瀬戸を長い間守り続けてきた先人の遺志のようにも思えます。
 花や樹木のことを調べてみると、同じ景色がいつもとは違った映え方にみえて心が豊かになります。
 

 

伊藤保德

 

 

 IMG_5132_s.jpg IMG_5133_s.jpg

お問い合わせ

シティプロモーション課
電話:0561-88-2658
※迷惑メール対策の為、@が画像になっております。
コピーを行った際、【アットマーク】に置き換わりますので、お手数ですが手動で【@】に置き換えて送信をしてください。
スマホ版を表示