• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

No.915 声優朗読劇・加藤民吉

ページ更新日:2022年7月4日

 

 

 6月25日(土)、文化センター文化ホールで開催された「声優朗読劇フォアレーゼン 加藤民吉~私は不器用な男です~」を鑑賞しました。加藤民吉がテーマの朗読劇ということで、とても楽しみにしていました。

 この企画は、文化センター開館40周年記念として開催され、日本各地における「固有の物語」を脚本化し、人気声優陣が出演する他では見られない朗読劇です。私は、声優の分野にくわしくありませんが、出演される声優さんの経歴などを拝見し、とても人気のある方たちだということはわかりました。会場に入ると若い女性たちが多く、その人気ぶりが伺えました。

 フルートとピアノの演奏をバックに4人の声優たちが演じた「加藤民吉物語」は、私の想像をはるかに超えた「新鮮で、わかりやすく、納得性の高い内容」でした。大満足だったので、売店で販売されていた「台本」も購入しました。

 とても良かったのは、加藤民吉が単身で九州へ「磁器製法修得の旅」に出る決心した背景や状況が表現されていたことです。史実では、出かけたことや修行の事実は記録にあるものの、「決断」のプロセスはあまり明確になっていません。この朗読劇では、「加藤民吉が、熱田奉行津金文左衛門の要請に応えるカタチ」で九州行きを決めたことにされており、フィクションとはいえ、とても心に響くストーリーで、「感動」と「発見」の観劇でした。

 声優朗読劇フォアレーゼンは、声優とテーマを変えながら全国で公演しています。この度、わざわざ瀬戸にお越しいただいての出演に感謝申し上げます。

 

伊藤保德

 

 

 IMG_5126_s.jpg IMG_5130_s.jpg

 

 IMG_5131_s.jpg IMG_4514_s.jpg

お問い合わせ

シティプロモーション課
電話:0561-88-2658
※迷惑メール対策の為、@が画像になっております。
コピーを行った際、【アットマーク】に置き換わりますので、お手数ですが手動で【@】に置き換えて送信をしてください。
スマホ版を表示