• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

No.899 五千の染付と千の椿

ページ更新日:2022年6月10日

 

 

 

 6月5日(日)から、高北幸矢インスタレーション×旧山繁商店「落花、瀬戸千年」が始まりました。新聞にも鮮やかな写真とともに記事が紹介されていました。写真と文章だけでこの「空間」を表現するのは難しく、多種多様な五千個の「せともの(染付)」と千個の「椿」が、古い日本家屋の座敷で不思議な空間を作り上げています。

 今回この作品を作り上げたアーティスト、デザイナーの高北幸矢氏は、清須市はるひ美術館長で、県立瀬戸工科高校専攻科で講師も務めています。元々「椿」が好きで、瀬戸市の花も「椿」ということを知り、瀬戸のまちにも興味を持っていただいています。

 この度、旧山繁商店で作品を創作されるにあたり、国の登録有形文化財であることと、瀬戸屈指の陶磁器卸商であったことから「せともの」と「椿」の競演を思いついたようです。

 本市としても、文化財を従来のように「修繕・復元・保存」するという目的に加えて、広く「活用」することも考えています。今春には「享保雛の雛飾り」を行いました。

 離れの玄関を入ると、広い畳の間に所狭しと並べられた「せともの」と「椿」。一瞬言葉を失うほどの絢爛(けんらん)です。

 百聞は一見にしかず。ぜひお出かけください。

 

※会期は6月19日(日)までです。

 

 

伊藤保德

 

 

 IMG_4926_s.jpg IMG_4956_s.jpg

お問い合わせ

シティプロモーション課
電話:0561-88-2658
※迷惑メール対策の為、@が画像になっております。
コピーを行った際、【アットマーク】に置き換わりますので、お手数ですが手動で【@】に置き換えて送信をしてください。
スマホ版を表示