• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

No.879 令和4年度書道展で蝋書

ページ更新日:2022年5月18日

 

 

 5月13日(金)から15日(日)まで、文化センター文化交流館の3階で、瀬戸市文化協会に所属の書道団体が合同で、「令和4年度書道展」を開催しました。同時に、和室では瀬戸盆栽会の作品と絵画も協賛出展されていました。

 今回とても印象的だったのは、書道三団体が一つのテーマに基づいた作品を出展していたことです。テーマは「磁祖 加藤民吉」です。本年が加藤民吉翁生誕250年という節目で、本市は加藤民吉顕彰事業や民吉の修行地の一つである天草市との交流事業などを計画しており、このような事業への協賛のお気持ちだと感じました。

 テーマの本題として『蝋書(ろうしょ)に挑戦』と書いてありました。数年前から蝋書による作品を目にするようになりましたが、蝋書は、「墨のかわりにロウで文字を書き、上から絵の具などを塗り、白抜き文字として浮かび上がらせる」というものです。「ろう彩書」として独特な作品を販売しているサイトや、蝋書教室もあります。

 会場には5点の作品(傳・天草・旅・礎・煙)が出展されていましたが、ともに大作であり制作現場を見てみたいと思いました。また、和室で展示された盆栽と絵画の組み合わせは、普段から見慣れた掛け軸との組み合わせとは全く違う雰囲気を醸し出し、新しい試みに感銘しました。

 団体の皆さまの益々のご活躍を期待するとともに、更なる新しい挑戦を楽しみにしています。

 

伊藤保德

 

 

 IMG_4660_s.jpg IMG_4659_s.jpg

 

 IMG_4664_s.jpg IMG_4669_s.jpg

 

 IMG_4670_s.jpg IMG_4673_s.jpg

お問い合わせ

シティプロモーション課
電話:0561-88-2658
※迷惑メール対策の為、@が画像になっております。
コピーを行った際、【アットマーク】に置き換わりますので、お手数ですが手動で【@】に置き換えて送信をしてください。
スマホ版を表示