• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

No.872 致知5月号より

ページ更新日:2022年5月6日

 

 

 月刊誌「致知」5月号の特集は、「挑戦と創造」でした。「致知」は人間学を学ぶ月刊誌で、記事に取り上げられるのは、もっぱら「人物」です。当然と言えば当然なんですが、私自身、人が生を受け自身の人生を生き抜いていこうとするとき、その手本としたり目標にするのは常に「人」でした。

 子どものころ、素朴にヒーローや先生など、憧れの存在にあやかりたく、その人の「真似」をしたり、少し知識を得た少年時代は、歴史上の人物の書籍などを尊敬の念をもって読んだものです。

 社会経験を積み、現実的に生き方を考えるようになっても「人の言動から学ぶ」ことは学びの基本でした。そうしたなかで「致知」からも、さまざまな刺激をもらっています。

 「挑戦」、「創造」は、とても好きな言葉であり、社会人一年生の頃からかなり強く意識していました。今回、一番印象に残った記事は、昨年の東京パラリンピックで活躍された「女子マラソン金メダリストの道下美里さん」と、「ゴールボール女子銅メダリストの浦田理恵さん」の対談記事です。対談内容に「誠の花を咲かせる生き方」とのタイトルがついていました。二人は、一見個人の実力が際立って見えますが、実際は両人とも「チーム」で挑んでいることがよくわかりました。

 二人の率直な思いは共通していて、改めて競技のシーンを思い出すと、再び感動がよみがえります。

 挑戦や創造の原動力は、「誰かのために・・・」という強い気持ちだと感じました。皆さまのために、地域のために、家族のために、改めて心を清めるばかりです。

 

伊藤保德

 

 

 IMG_4551_s.jpg IMG_4552_s.jpg

お問い合わせ

シティプロモーション課
電話:0561-88-2658
※迷惑メール対策の為、@が画像になっております。
コピーを行った際、【アットマーク】に置き換わりますので、お手数ですが手動で【@】に置き換えて送信をしてください。
スマホ版を表示