• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

No.851 第21回もえぎ書展

ページ更新日:2022年4月6日


 

 文化センター文化交流館で開催されていた「第21回もえぎ書展(4/1~4/3)」を観てきました。

 この展覧会も、感染対策をしっかり行っていて、以前はお茶の接待を行っていましたが、ペットボトルのお茶を出していました。書展の良い雰囲気は、こうした細かい心遣いから生まれてくるものです。「作品を魅せる」ことにも活かされているように感じました。

 また、この書展では、作品の前で立ち止まっていると作者がさりげなく近くに寄って、「感想などあればお聞かせください。」という雰囲気で控えています。この絶妙さが魅力の一つだと思います。

 今回は、加藤芳枝さんの米寿記念作品コーナーが設けてありました。同じ作者なのに雰囲気の違う作品が並んでいたので、立ち止まって見ていると、加藤さん本人がお見えになり、「書道を始めた頃の作品と最近の作品を並べてみました」との説明がありました。納得しながら、その変化を楽しむことができました。彼女が書道を始めたのは50歳過ぎ。今では書道が生き甲斐のようでとても若々しく感じました。

 なお、他の作者の作品も素晴らしく、永谷代表のもと、互いを尊重しながら楽しくけいこに励まれている様子が思い浮かぶ書展でした。

 

※現在、文化交流館は1階を新型コロナのワクチン集団接種会場として使用しており、会議や展示などに利用できるのは2階と3階となります。しばらく不自由をおかけすることになりますが、ご理解とご協力をいただきますようお願いいたします。

 

 

伊藤保德

 

 

 

IMG_4278_s.jpg IMG_4271_s.jpg

 

IMG_4273_s.jpg IMG_4276_s.jpg

お問い合わせ

シティプロモーション課
電話:0561-88-2658
※迷惑メール対策の為、@が画像になっております。
コピーを行った際、【アットマーク】に置き換わりますので、お手数ですが手動で【@】に置き換えて送信をしてください。
スマホ版を表示