• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

施設案内

ページ更新日:2022年9月1日

名称

瀬戸市のぞみ学園(児童発達支援センター)

 

設置及び経営主体

瀬戸市

のぞみ学園の概要

名  称   瀬戸市のぞみ学園(児童発達支援センター)
定  員   33名
開  所   昭和51年4月1日
敷地面積   14.157.97平方メートル
建物面積      730.63平方メートル
建物構造   重量鉄骨平屋建

所在地

瀬戸市原山町1-14

 

周辺地図(くらしの便利地図使用) 

 

児童発達支援事業

子ども達が安心して通園でき、子ども達の好きな事、楽しい事を大切にして生活しています。また、一人ひとりの状況に合わせた児童発達支援計画作成し、それに基づいて療育を行っています。

対象児

3歳から就学前までの障害や発達に遅れが見られ、居住する市町村から通所受給証の交付を受けた幼児。

真に効果のある障害者施策の一環として、令和3年4月1日より、医療的ケア対応の看護職員を配置し、医療的ケア児の受入れを行います。

受入れの詳細については、学園までお問い合わせください。

  

定員

33名

 

通園形態 

単独通園(通園バス・直接登園降園)

 

職員

園長、児童発達支援管理責任者、保育士、栄養士、調理員、事務員、作業療法士、言語聴覚士、理学療法士、整形外科医、嘱託医、看護師

目標

  ・情緒の安定 
  ・基本的な生活習慣の獲得 
  ・丈夫な体づくり 
  ・集団生活への参加

療育内容

・基本的な生活習慣の自立をはかります。
○食事の習慣・排泄の自立・衣服の着脱・清潔・整理整頓など、日常生活に必要な力を養います。

・遊びを通して運動機能の発達を促します。
 ○トランポリン・マット・階段・巧技台・感覚統合遊具・三輪車・リズムあそび・体操・砂あそび
・生活経験を豊かにし言語の発達を促します。
 ○見たり聞いたりするあそび(絵本・紙芝居・パネルシアター・ペープサート・楽器あそびなど)
 ○総合的なあそび(散歩・プールあそび・温水プール・学園の各種行事など)
 ○その他のあそび(小麦粉粘土・ブロック・ままごと・型はめあそび・絵描きなど

母子通園

・母子関係の確認をし、学園での療育場面の共有、母親同士の交流の場として行っています。
・期間の目安
 ○新入園児は、慣れるまで一ヶ月程度の母子通園を行っています。在園児は、一か月に1回程度あります。
 ○学園生活に慣れるに従い、お子さんの状況に合わせて母子通園の日数・母子分離の日数を決めています。

日課

    

時間 プログラム    子どもの様子

 10:00

 

 

10:20

 

 

 

 

 

 

 

 

12:00

 

 

 

 

14:00

 

 

 

 

 

15:00

登園(直接登園・通園バス)

 

 

・朝の会、水分補給
・ホールあそび
・室内あそび

・戸外あそび
・散歩や季節のあそび…等(順不同)

 

 

 

給食準備

給食

 

午睡及び室内や戸外あそび

 

おやつ

 

降園準備

 

帰りの会


降園(直接降園、通園バス)

・挨拶、身支度、排泄

・個々に合った方法で身支度をします。

 

・朝の会に参加し、日にち、曜日の確認、挨拶、出席調べをします。歌や手あそび、体操、お話など楽しみます。
・ホールでは、感覚統合遊具を使って身体を動かして遊びます。
・室内あそびでは、お絵かき、はさみ、のり等を使う製作活動や手先の操作性を養う課題に取り組みます。

・戸外では、砂場やボール、乗り物などそれぞれの好きなあそびを楽しみます。
・夏はプールや水あそび、気候の良い時は散歩など、季節に合わせた活動を行います。

 

・手洗い、排泄、準備、片づけ

・個々に合った食器や食事の形態で食事をしています。

 

・個々に合わせて、お昼寝をしたり、室内や戸外あそびを楽しみます。

 

 

 

・身支度、排泄

 

・帰りの会に参加し、明日の予定を知らせ降園します。

       

 

 

手続き

   のぞみ学園へご連絡ください。この支援を受けるには、保護者の自己負担及び児童発達支援に係る通所受給者証が必要となります。詳細については、のぞみ学園にお尋ねください。     

                                                                                                  (TEL:0561-82-0154)

親子通園教室事業(子ねこ教室)       ⇒  発達支援室に移動しました。

発達上に弱さやかたよりがある就園前のお子さんとその保護者の方が対象の教室です。遊びを通して早期の療育と家庭の療育に関する助言や育児不安が軽減できるよう「子育て講座」を年10回開催しています。

 

 

開催日

  月曜日~金曜日(国民の祝日、年末年始は除く)

時間

  午前9時30分~12時00分

場所

  のぞみ学園 子ねこ教室の部屋 

利用できる方

  瀬戸市内にお住まいの方

参加費

  100円

手続き

  詳細については、のぞみ学園(TEL:0561-82-0154)にお尋ねください。

 

 保育所等訪問支援事業       発達支援室に移動しました。

保育所等を訪問し、障がいのあるお子さんに対して、集団生活への適応のために、本人への専門的な支援や訪問先の職員に専門的な立場から助言を行います。
 

訪問先

保育所、幼稚園、小学校、特別支援学校など

 

 

日時

月曜日から金曜日  午前9時30分から午後3時30分 (年末・年始と国民の休日は除く)

 

 

担当職員

児童発達管理責任者・訪問支援員(作業療法士・言語聴覚士・理学療法士等)

 

手続き

のぞみ学園(TEL:0561-82-0154)へ連絡ください。この支援を受けるには、保護者の自己負担及び保育所等訪問支援に係る通所受給者証が必要となります。

療育相談事業          発達支援室に移動しました。

お子さんの発達のこと、子育てで心配なこと、不安なこと等、気軽に相談していただき、安心して子育てが出来るように援助しています。

 

相談日

  月~金曜日(国民の祝日、年末年始は除く)

時間

  午前10時~午後4時

方法

  電話相談または事前予約による来園相談

場所

  のぞみ学園(TEL:0561-82-0154)

 

障害児支援相談事業       発達支援室に移動しました。

障害児とその家族を対象に、心身の状況や生活上の困りごとなどを聞き取り、どのようなサービスを利用したらよいか等を相談に応じます。また、本人や家族に必要と思われる支援について記載した「障害児支援利用計画」を作成し、専門の相談員が一緒に考え、支援します。

 

 ※委託先である「瀬戸市障がい者相談支援センター」と連携して、事業を行います。瀬戸市障がい者相談支援センター(TEL:0561-84-0606)(FAX:0561-83-5886)

 

相談日

  月~金曜日(国民の祝日、年末年始は除く)

時間

  午前10時~午後4時

方法

  電話相談または事前予約による来園相談

場所

  のぞみ学園(TEL:0561-82-0154)

利用できる方

  瀬戸市にお住いの障害児とその家族

手続き

  この支援を受けるには、保護者の自己負担はありません。詳細についてはのぞみ学園にお尋ねください。

 

お問い合わせ

児童発達支援センター
電話:0561-82-0154
スマホ版を表示