• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

令和4年度がん検診等について

ページ更新日:2022年9月1日

コロナ禍でも必要な受診を!健康診査を受けましょう!!

 過度な受診控えは健康リスクを高めてしまいます

 新型コロナウイルス感染症を恐れるあまり、がん検診の受診を控えてしまい、 広報用めたぼうしイラスト.png

がんの早期発見・早期治療につなげることができなくなる状況が懸念されています。がんは早期のうちは無症状であることがほとんどで、検診を受けないと見つけることができません。自己判断で受診を控えずに、定期的に受診しましょう。

 また、健康な生活のためには、お口の健康管理も重要です。定期的な管理が中断してしまうとう蝕(むし歯)や歯周病が悪化し、噛む力が衰えるなど、お口の健康が損なわれるだけでなく、誤嚥性肺炎のリスクが高くなってしまったり、認知機能や糖尿病、感染症への影響など全身の健康につながっていくことが分かってきました。

                                                                                                 

【参考ページ(外部リンク)】

  厚生労働省         がん検診は不要不急ではなく必要な外出です

  愛知県 健康対策課               突然のがんに備えるチェックリスト~その時慌てないために~

 

受診方法

  ※詳しくは受診券に同封の健康診査ガイドをご覧ください。

  受診方法

 

 

受診券発送について

 5月末までにお手元に届きます。

 R4黄色い封筒

 A4サイズの黄色の封筒で届きますので、お手元に届きましたら

 必ず開封し、中身をご確認ください。

    ※乳がん・子宮頸がん無料クーポンに関しては 受診券と別に 対象者の方へ郵送しています。

 

    ※受診券と一緒に、健康診査の実施時期や予約方法をご紹介している

  健康診査ガイドが同封されていますので、ご一読ください

    

   ※受診券を紛失・棄損した場合は健康課(やすらぎ会館4階)または国保年金課(1階)で再発行ができます。

 

\\9月1日より 再発行手続きの電子申請が可能になりました//

受診券の再発行はこちら 

乳がん・子宮頸がん無料クーポンの再発行はこちら 

 

 

検診実施期間について 

 

 8月も検診を行います!

 子宮頸がん・乳がん検診については1か月延長します!

 

終了間際は大変 混みあいますので、早めの受診をおすすめします。

各検診とも対象年齢があります。対象の方には受診券にて個別に通知しております。

詳しくは健康診査ガイドをご確認ください。

健康診査の種類                   

実施期間
肺がん検診

6~10月

大腸がん検診

胃がん検診(X線検査または内視鏡)

【胃内視鏡について】対象年齢であっても次の方は内視鏡を受けられません。

 ●抗血栓薬を内服中の方 ●妊娠中の方 ●疾患の種類にかかわらず入院中の方

 ●消化性潰瘍などの胃疾患で受療中の方(ピロリ除菌中の方を含む)●胃全摘術後の方

 また、対象の方であっても身体への危険が高いと医療機関が判断した場合、

 検査をお断り・中止することがあります。

前立腺がん検診
肝炎ウイルス検診

子宮頸がん検診(クーポン検診含む)             

※今年30歳(平成4生まれ)、34歳(昭和63年生まれ)  

 になる女性は、HPV検査を受けることができます。

 子宮頸がん検診と同時に受診してください。

 

 

6~11月

 

 

乳がん検診(クーポン検診含む)

市国保特定健診、後期高齢者医療健診、短期人間ドック           

 →詳しくは国保年金課ホームページの市国保特定健診後期高齢者医療健診短期人間ドックご参照ください。

6~10月
歯科節目健康診査 6~12月

                     (ただし、実施医療機関の休診日を除く)

 

 

【!ご注意ください!】

・新型コロナウイルスの感染拡大の状況等によって

 実施医療機関の判断により検診の実施を見合わせることがあります。

 

 

 

健康診査・各種がん検診 実施医療機関はこちら

令和4年度 実施医療機関一覧(令和4年7月18日改訂)(350KB)

 

令和4年度 精密検査実施医療機関一覧(401KB)

 

 

 

健康診査ガイド(保存版) 

令和4年度 健康診査ガイド(保存版)(3MB)

 

 

 

 ○受診の際は、必ず受診券健康保険証自己負担金を持って受診してください。

 

 ○市民税非課税世帯の方は、自己負担金が免除されます。

  免除を受けるには、検診を受診する前に健康課へ申請が必要です。

 (令和4年1月1日時点で瀬戸市に住民票のない場合は、健康課成人保健係へお問い合わせください。)

 

  電子申請はこちら 

 

 

  窓口・郵送での申請は以下の申請書をご提出ください。

 

  (窓口への持ち物:本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証等)、受診券)

  

  

  徴収金免除申請書(83KB)

 

  徴収金免除申請書(令和4年度記入例)(153KB)

  

  委任状.pdf(64KB) 

 

 

 ○無料クーポン券の再発行こちらから電子申請されるか、以下の申請書をご提出ください。

  対象:子宮頸がん 平成13年4月2日~平成14年4月1日生まれの方

     乳がん   昭和56年4月2日~昭和57年4月1日生まれの方

   無料クーポン券再交付申請書(49KB)

 

   ※受診券を紛失・棄損した場合は健康課(やすらぎ会館4階)または国保年金課(1階)で

   再発行ができます。こちらから電子申請されるか、窓口またはお電話で問い合わせ下さい。

 

 

  ○医療機関によって予約が必要な場合がありますのでご注意ください。

  例年、検診終了間際は大変 混みあいますので、お早めに医療機関にご予約し、受診してください。

 

 

注意事項

 ○受診券が届かない場合は健康課までご連絡ください。

 ○受診券を紛失・棄損した場合、健康課(やすらぎ会館4階)または国保年金課(市役所1階)で

      再発行します。

 ○期間内に同じ検診を2回以上受診することはできません。

    ○新型コロナウイルス感染症対策として受診の際は、必ずマスクを着用してください。

  また、発熱など体調の悪い時は、検診の受診をお控えください。

 ○新型コロナウイルス感染症の状況によって検診実施期間が変更となる場合があります。

 

資料をご覧いただくために(無料ソフトダウンロード)

Acrobat形式、Word形式、Excel形式をご覧いただけない方は、「資料をご覧いただくために(無料ソフトダウンロード)」のページよりソフトウェアをダウンロード、インストールすることでファイルを開くことができます。提供各社の利用許諾を十分に確認のうえ、自己責任においてダウンロードおよびインストールしてください。

資料をご覧いただくために(無料ソフトダウンロード)

お問い合わせ

健康課
成人保健係
電話:0561-85-5511
ファクシミリ:0561-85-5120
スマホ版を表示