• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

No.568 薪窯の焼成イベント

ページ更新日:2020年11月26日

 11月23日(月・祝)午前10時からの「窯起し」に行ってきました。「窯起し」とは、薪窯で焼き上がった作品を窯から取り出すことを言います。このイベントは、愛知県陶磁美術館が毎年1回開催しているもので、陶磁美術館の敷地内にある、復元された連房式登窯で作品を焼くというものですが、燃料は「薪」です。

 

 11月14日(土)午前10時には「火入れ式」があり、その後、約三日間にわたって焼成し、温度が下がった頃合いをみての「窯起し」となりました。窯から出された作品は、窯に詰め込まれていた状態に並べられ「焼成結果」として写真に収められていました。

 

 私は、「火入れ式」と「窯起し」の両方を見学させてもらいましたが、きちんと解説をいただきながらの見学は初めてのことで、大変勉強になりました。今回は、「織部を焼こう」というテーマで、動画配信もされたようですが、1,200℃を超える炎を体感するにはやはり現場です。この窯を使っていろいろなことができそうです。まずは「連房式登窯」の存在を皆さんに知ってもらい、新しい催しを考えたいと思っています。

 

                                         伊藤保德

 

IMG_9667_s.jpg IMG_9668_s.jpg

 

IMG_9674_s.jpg IMG_9676_s.jpg

 

IMG_9678_s.jpg IMG_9679_s.jpg

お問い合わせ

シティプロモーション課
電話:0561-88-2658
※迷惑メール対策の為、@が画像になっております。
コピーを行った際、【アットマーク】に置き換わりますので、お手数ですが手動で【@】に置き換えて送信をしてください。
スマホ版を表示