• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

No.564 災害時の支援協定

ページ更新日:2020年11月19日

 11月16日(月)、「一般社団法人瀬戸青年会議所」と本市は、災害時の支援活動に関する協定を締結しました。全国の青年会議所では、災害時の救援相互運営規程の整備、緊急連絡体制や広域的な災害復旧支援体制の構築などをしています。また、阪神・淡路大震災以降の様々な災害の際には、多くの会員がボランティアとして活動し、被災地の復興活動にも積極的に取り組まれています。

 

 このような青年会議所の全国的な組織の強みとともに、本市で事業活動の第一線で活躍し、地域にも精通されている強みを生かし、支援活動にご協力いただけることになりました。

 さらには、防災・減災に関し、先月開催された「防災フェスティバル」において、「瀬戸を災害に強いまちに!それをまちの魅力に!」との宣言をいただきました。この会に私も参加させていただきましたが、先日の本コラムで紹介したように、素晴らしい内容でした(市長コラム該当記事:No.548 未来につなぐ防災事業)。この取り組みも今後大きな期待が寄せられています。

 

 協定の具体的な内容は、市からの要請に基づき、災害に関する情報収集やニーズの把握、支援物資などの調達から、輸送・配達にいたるまでの手配、並びに、災害ボランティアセンターの設置や運営に関して、全国692の青年会議所(会員約3万人)のネットワークを生かした支援が受けられることになります。市民の安全・安心を確保するために、とても心強い協定締結をさせていただきました。

 

                                         伊藤保德

 

2.JPG 3.JPG

お問い合わせ

シティプロモーション課
電話:0561-88-2658
※迷惑メール対策の為、@が画像になっております。
コピーを行った際、【アットマーク】に置き換わりますので、お手数ですが手動で【@】に置き換えて送信をしてください。
スマホ版を表示