• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

防災航空隊との合同訓練を行いました。

ページ更新日:2020年10月12日

 瀬戸市消防本部、愛知県防災航空隊及び公立陶生病院との航空連携強化を図るため、飛行場外離着陸場における迅速なヘリ警戒要領及び正確な誘導要領を確立するとともに、愛知県防災航空隊との連携と公立陶生病院屋上へリポートを使用した搬送訓練を行いました。

 

 当日は、瀬戸市民公園仮設の山林と想定して訓練を行いました。

 登山中の60代男性が高さ5m程度の崖から滑落し、腰部を痛め動けなったとの想定のもと、救助隊員と救急救命士が崖下に降り、要救助者の症状を確認しながらストレッチャーに収容し、崖の上まで搬送しました。

 その後、山道を徒手で要救助者を搬送、防災航空隊のピックアップポイントまで移動、ヘリに収容した後、公立陶生病院まで搬送など、現場活動の流れを確認しました。

 

DSCF1750.JPGDSCF1756.JPG

DSCF1780.JPGIMG_5087.JPG

IMG_5090.JPG

お問い合わせ

消防本部
消防課予防グループ予防広報担当
電話:0561-85-0479
ファクシミリ:0561-21-6605
※迷惑メール対策の為、@が画像になっております。
コピーを行った際、【アットマーク】に置き換わりますので、お手数ですが手動で【@】に置き換えて送信をしてください。
スマホ版を表示