• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

中心市街地ホテル誘致事業の事業者公募に係る質問と回答について

ページ更新日:2020年9月16日

中心市街地へのホテル誘致事業のホテル運営事業者を公募しており、公募要項及び本事業に関する質問を9月14日(月)まで受け付けていましたが、その質問の要旨と回答については以下のとおりです。

 

なお、中心市街地ホテル誘致事業に係るホテル運営事業者の公募の詳細については、市ホームページ「中心市街地ホテル誘致事業に係るホテル運営事業者の公募について」をご確認ください。

 

質問の要旨と回答

No. 質問要旨 回 答
1 プレゼンテーションの実施方法について、オンラインでの実施は考えているか オンラインでの開催も検討しているが、新型コロナウイルス感染症の状況をみて決める。
2 提出書類についてA4に収まらなかった場合はどの様にすれば良いか A4に収まらない場合は、A3等のAサイズで書類を整えていただきたい。
3 企業立地促進奨励金の手続きに流れを教えてほしい 市ホームページ「瀬戸市企業立地促進奨励金制度のご案内」で確認をお願いしたい。
4 雇用促進奨励金を受け取れる回数は何回か 1回である。
5 候補者選定について、候補地が違えば2社選ばれることはあるのか 最も優れた提案をした1社のみの選定となる。
6 窯業から副次的に派生した産業の具体例が知りたい

瀬戸市は陶磁器のまちとして発展し、現在は金属製品、化学品、電気機械等幅広い業種の企業が集積するまちとなった。また、本市で取組んできた企業誘致の結果、この1~2年で医療器具系や電機機械系企業も進出し、業種の幅はさらに広がっている。

詳細は、市ホームページ「瀬戸市企業ガイドブックを作成しました!」を参考にしていただきたい。

7 コロナ禍において各税金の納税猶予を受けている場合、その旨の理由を記載して自由書式にて代表者印押印のあるものを提出すれば納税証明書提出と判断されるのか 新型コロナ感染に係る国税等の徴収猶予等の取扱いを受けている場合、その旨が記載され、代表者印を押印した書面が提出されれば、前年度の納税証明書に代わるものとして取り扱う。質問の内容のとおりの記載であれば支障ない。なお、その書式については、市として特段の定めはなく、自由書式とする。
また、各事業者により状況が異なることが想定されるため、詳細については担当にご連絡いただきたい。

お問い合わせ

地域振興部 ホテル誘致担当 山井(ものづくり商業振興課内)

0561-88-2652

E-Mail:monosho@city.seto.lg.jp

 

スマホ版を表示