• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

No.514 感染防止ポスターの掲示

ページ更新日:2020年9月8日

 既に気がつかれた方も多いと思いますが、8月中旬から「新型コロナウイルス感染症の感染防止ポスター」が各所(パルティせと、市体育館、野球場入り口、デジタルリサーチパークセンターなど)に貼り出されています。これらの作品は県立瀬戸窯業高等学校専攻科「工芸デザイン科デザインコース」の生徒10名によって制作されたものです。


 9月3日(木)、数か所に出かけ拝見してきました。
 専攻科のデザインコースは本年4月に新たに開設され、その授業の一環として制作されました。「さすがだ」と思ったのは、制作にあたっての準備です。新型コロナウイルス感染防止に対する瀬戸市の取り組みを市役所職員から聞き取り、展示場所なども考慮してのコンセプトづくりから始まったようです。
 

印象に残ったポスター2点のコンセプトを紹介します。


『離れよう2メートル、心は0メートル』
 コロナによって自粛生活が続き、たくさんの人がストレスを募らせる中、こういう時こそお互いを思いやり、支えあうことが大切です。そんなことをみんなに伝えたく制作しました。


『四つのことを意識しよう』
 自粛、手洗い、マスク、人との距離を常に頭に意識してほしい。このポスターを見るたびに一つでもいいから意識してほしい。

 

 制作者の気持ちが伝わってくる作品を拝見し、「新しい生活様式に暮らす」というテーマで作ってもらいたいと思いました。

 

                                       伊藤保德

ポスター1.jpg   ポスター3.jpg

 

ポスター5.JPG   ポスター2.jpg

お問い合わせ

シティプロモーション課
電話:0561-88-2658
※迷惑メール対策の為、@が画像になっております。
コピーを行った際、【アットマーク】に置き換わりますので、お手数ですが手動で【@】に置き換えて送信をしてください。
スマホ版を表示