• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

No.508 最年少記録、「二冠」と「八段」

ページ更新日:2020年8月24日

 今や日本将棋界を代表するプロ棋士となった、瀬戸市出身の藤井聡太さんが、また大記録を打ち立てました。
 7月16日(木)に、将棋界八大タイトルの一つ、「棋聖」を獲得されましたが、その時に、既にもう一つのタイトルである王位戦も始まっていました。「棋聖戦」は五番勝負で、3勝1敗の成績でタイトルを獲得。直後の記者会見時には「初戴冠」の文字を掲げ、翌朝は「探究」の二文字に将棋にかける思いを表現されていました。
 「棋聖戦」の第3局と4局は、本市でもパブリックビューイングを行い、応援をさせていただきました。

 

 その時の興奮がまだ続く中、「王位戦」の第4局が8月19日(水)と20日(木)の2日間に渡り行われました。七番勝負の第1局から既に三連勝しており、大きな期待がかかった二日目は、地元コミュニティFMのラジオサンキューが特番を放送するなど、新型コロナウイルス感染症の感染防止に万全を期し、集まることを避けての応援となりました。
 

 そして、見事な勝利、最年少での「二冠」と「八段昇段」を実現されました。中学2年生でプロ棋士となり、高校3年生で「二冠」「八段」という偉業に心からお喜びとお祝いを申し上げます。

 

 今後、時の人としていろいろと取り上げられることもあろうかと思いますが、ますますのご活躍を祈るばかりです。

 

 わがまち瀬戸市の喜びであり、誉です。21日(金)には、市役所庁舎に懸垂幕を掲げ、祝意を表させていただきました。

 

                                       伊藤保德

二冠2.jpg   二冠1.jpg

 

二冠4.jpg  二冠3.jpg

  

   

お問い合わせ

シティプロモーション課
電話:0561-88-2658
※迷惑メール対策の為、@が画像になっております。
コピーを行った際、【アットマーク】に置き換わりますので、お手数ですが手動で【@】に置き換えて送信をしてください。
スマホ版を表示