• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

飲食店における爆発事故事例

ページ更新日:2020年8月18日

事故概要…

 福島県にある飲食店において、爆発事故が発生しました。

 これまでのところ、死者1名、負傷者19名(重症者2名、軽症17名)の被害が発生しています。
 現時点で出火原因等は特定されていませんが、

    屋内のガス配管の腐食箇所から液化石油ガス(LPガス)が漏洩し、

 何らかの火源により引火、爆発した可能性が考えられます。

 

 

 

ガス機器の適切な維持管理について…
 1. ガスの臭いを感じたら、直ちにLPガス販売事業者等が指定している

         緊急連絡先へ連絡してください。

   ・使用中の火気は全部消してください。

   ・火気は絶対に使用しないでください。

   ・着火源となる換気扇、電灯等のスイッチに絶対手を触れないでください。

   ・窓や戸を大きく開けてください。

   ・ガス栓やメーターガス栓を閉めてください。


 2. ガス漏れの発生を素早く認知するには、ガス警報器の設置が効果的です。

         なお、ガス警報器は、常時電源コンセントに接続しておいてください。


 3. 休業等でガスを長期間使用しない場合や事業を再開する場合は、

    LPガス販売事業者、都市ガスの小売事業者等(以下「LPガス販売事業者等」と いう。)

         に連絡して下さい。

         また、リフォーム等工事を行う際にも、LPガス販売事業者等に連絡してください。

 

 

 

火災及び傷病者が発生した場合は、直ぐに消防(119)へ通報してください。

 

本爆発事故を踏まえた液化石油ガスの使用に係る、消防庁ホームページに掲載しているリーフレット
https://www.fdma.go.jp/mission/prevention/item/prevention001_28_chubokiki-pamf20140226.pdf
や、経済産業省のホームページに掲載されている留意事項
https://www.meti.go.jp/press/2020/08/20200805003/20200805003.html 

を参考にしてください。

  

 

 

お問い合わせ

消防本部
消防課予防グループ 
電話:0561-85-0470
※迷惑メール対策の為、@が画像になっております。
コピーを行った際、【アットマーク】に置き換わりますので、お手数ですが手動で【@】に置き換えて送信をしてください。
スマホ版を表示