• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

No.500 加藤華仙展-その生涯と創作-

ページ更新日:2020年8月11日

 瀬戸市美術館で開催中の加藤華仙さんの展覧会に行ってきました。本来なら9月のせともの祭の一環としての企画展でした。今年は新型コロナ感染拡大という予期せぬ事態のため、祭りは中止となってしまいましたが、展覧会は感染予防策をしっかり行い予定どおり開催しました。同時展示として、「第3回 瀬戸・藤四郎トリエンナーレ」グランプリ受賞者の「塩谷良太展」も開催されています。8月1日(土)から9月27日(日)までとなっております。

 

 加藤華仙さんについての知識はほとんどなく、初めて目にする作品ばかりでした。

 「彗星のごとく現れた現代瀬戸陶芸のリーダー」という形容がされていましたが、会場でその経歴や受賞歴などを知り、数々の作品から「斬新な図案」を感じました。

  惜しまれるのは50歳で亡くなられたことです。昭和21年に開催された第1回日展において、瀬戸で初めての特選を受賞されましたが、その結果を知ることなく亡くなられたとのことです。

 

 美術館はコロナ禍で鑑賞する人は少なかったですが、その分じっくり鑑賞することができました。

 

                                       伊藤保德

 

1558492113818_s.jpg IMG_8474_s.jpg

 

IMG_8475_s.jpg IMG_8476_s.jpg

                                                  

 

   

お問い合わせ

シティプロモーション課
電話:0561-88-2658
※迷惑メール対策の為、@が画像になっております。
コピーを行った際、【アットマーク】に置き換わりますので、お手数ですが手動で【@】に置き換えて送信をしてください。
スマホ版を表示