• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

No.491 藤井七段、最年少で棋聖に

ページ更新日:2020年7月17日

 7月16日(木)、第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負の第4局に挑んだ藤井聡太七段が見事に勝利し、史上最年少で新棋聖となられました。

 新型コロナウイルス感染症に係る対応で緊急事態宣言が発出され、長い間、対局機会がありませんでしたが、宣言解除から勝利を重ね、タイトル挑戦者最年少記録を塗り替え、五番勝負を2勝1敗で臨んだ第4局でした。
 市民こぞっての応援をしたいところですが、新型コロナウイルス感染症対策の最中であり、「3密」を回避しながら感染防止対策を講じ、瀬戸市文化センター 文化ホールにてパブリックビューイングを開催、私も午後6時過ぎに駆け付けました。その約1時間後、感動の瞬間を迎えました。

 

 大きな声を張り上げ、万歳をしたいところですが状況を踏まえ、力いっぱいの拍手で偉業を称えました。

 あらためて申し上げます。

 『藤井聡太棋聖、おめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。』

 

 将棋ファンはじめ、多くの方から祝福をいただいていますが、藤井新棋聖の快挙は日本全体を明るくするニュースとなりました。午後8時頃には号外(中日新聞)が出ました。そして今日の朝刊、一面トップで報じられていました。
 我がまち瀬戸市の誇りです。これから、期待もさらに大きくなると思いますが、明るい話題を届けてもらえるものと期待をしています。

                                       伊藤保德

新棋聖5.jpg  新棋聖3.jpg

 

新棋聖1.jpg  新棋聖2.jpg

お問い合わせ

シティプロモーション課
電話:0561-88-2658
※迷惑メール対策の為、@が画像になっております。
コピーを行った際、【アットマーク】に置き換わりますので、お手数ですが手動で【@】に置き換えて送信をしてください。
スマホ版を表示