• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

停電に伴う通電火災に注意

ページ更新日:2020年7月21日

長時間停電の発生により、停電からの再通電時において、電気機器又は電気配線からの火災が発生するおそれがあるため、以下の点にご注意ください

 

  • 停電中は電気機器のスイッチを切るとともに、電源プラグをコンセントから抜いてください。
  • 停電中に自宅等を離れる際は、ブレーカーを落としてください。
  • 再通電時には、漏水等により電気機器等が破損していないか、配線やコードが損傷していないか、燃えやすいものが近くにないかなど、十分に安全を確認してから電気機器を使用してください。
  • 建物や電気機器に外見上の損傷がなくとも、壁内配線の損傷や電気機器内部の故障により、再通電から長時間経過した後、火災に至る場合があるため、煙の発生等の異常を発見した際は直ちにブレーカーを落とし、消防機関に連絡してください。 

 

【参考動画】

 総務省消防庁『「未然に防ごう!電気器具火災」~身近に潜む火災危険~』

 https://www.fdma.go.jp/mission/prevention/suisin/post6.html

 

お問い合わせ

消防本部
消防課 予防広報担当
電話:0561-85-0479
ファクシミリ:0561-21-6605
※迷惑メール対策の為、@が画像になっております。
コピーを行った際、【アットマーク】に置き換わりますので、お手数ですが手動で【@】に置き換えて送信をしてください。
スマホ版を表示