• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

No.479 おめでとう!藤井聡太七段、棋聖戦 最年少タイトル挑戦権獲得

ページ更新日:2020年6月5日

 朗報です。コロナ禍で沈みがちな雰囲気を吹き飛ばしてくれました。

平成28年10月、14歳の少年が日本将棋界のプロ棋士としてデビューしました。あれから3年8か月、いよいよ八大タイトルに手の届くところまできた“我がまちのヒーロー”藤井聡太七段。

 6月4日(木)、第91期ヒューリック杯棋聖戦の挑戦者決定戦で永瀬拓矢二冠を下し、渡辺明三冠との五番勝負に挑みます。なんと、「史上最年少でのタイトル挑戦権獲得」です。

 4月に発出された新型コロナウイルス感染症に係る緊急事態宣言により、将棋界も対局の延期が決まり、藤井聡太七段が挑んでいる最年少記録も難しいのではないかとの報道もありました。応援している我々もただただ悔しく思っていましたが、緊急事態宣言の解除とともに、段階的に日常が戻りつつある折、早々に2勝し、最年少記録を打ち立てました。

 応援いただいている多くの皆さんに感謝いたしますとともに、これからも“新しい生活様式”の下で、さらに将棋文化を広めていきたいと考えています。6月8日(月)から始まる「棋聖戦五番勝負」も、多くの市民の皆さんとともに、私も精一杯のエールを送りたいと思います。

 

                                       伊藤保德

01.jpg 02.jpeg

 

お問い合わせ

シティプロモーション課
電話:0561-88-2658
※迷惑メール対策の為、@が画像になっております。
コピーを行った際、【アットマーク】に置き換わりますので、お手数ですが手動で【@】に置き換えて送信をしてください。
スマホ版を表示