• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

No.425 B―1グランプリ2019・明石

ページ更新日:2019年12月10日

 11月23日(土)開幕の「B―1グランプリ2019・明石」に行ってきました。今回の大会は、明石市制施行100周年事業として23日(土)、24日(日)の両日兵庫県立明石公園、明石市役所周辺を会場に、今までとは少し違う雰囲気の中で開催されました。
 B-1グランプリというのは、「ご当地グルメでまちおこしの祭典」と呼ばれるように、その地域独特の食べ物(俗にいうB級グルメ)のアピールを通じ、まちの魅力や特徴をアピールし、まちの活性化や振興に寄与しようとする催しです。
 B-1グランプリは11回目と聞いていますが、本市は「瀬戸焼そば」を看板に「瀬戸焼そばアカデミー」という団体を立ち上げ、このグランプリへ参加するようになって3回目の出場でした。
 従来と少し違うのは、「みんなでつくる やさしいB―1グランプリ」という副題がついているように、「やさしい」という事がキーワードになっていたことです。審査は入場者による投票で決められますが、今年の優勝は「津ぎょうざ小学校」でした。1985年頃に学校給食で出された大きなぎょうざ(直径15cmの大きな皮で包んだぎょうざ)が今でも大人気のメニューとのことです。

 わが「瀬戸焼そばアカデミー」は、まちのアピールやテーマに沿った活動が評価され、「審査員特別賞」を受賞しました。ますますの進化を期待しています。

                                        伊藤保德

ぐるめ1.JPG  ぐるめ3.JPG

 

ぐるめ4.JPG  ぐるめ2.JPG

お問い合わせ

シティプロモーション課
シティプロモーション係
電話:88-2530
スマホ版を表示