• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

No.410 臓器移植をテーマにした絵本 (令和元年10月21日)

ページ更新日:2019年11月18日

 臓器移植への理解と支援を呼びかけるNPO法人日本移植支援協会から、本市の小中学校・支援学校に臓器移植をテーマにした絵本「大きな木」をご寄贈いただくことになりました。それに伴い10月21日(木)、瀬戸市役所に高橋和子理事長が来訪されました。
 寄贈式に臨み、臓器移植に関する実態やNPO法人としての活動内容を伺いましたが、もっと理解を深め、支援活動に参加することが重要だと思いました。
 「大きな木」のストーリーは、「サッカーの得意な兄が突然脳死となったが、臓器提供によって助かった命があった。そのことを後になって知った弟が命について考える」、というものですが、その内容とともに、大きな絵が印象的です。
 学校教育では命の大切さを教える授業もあり、絵本はいろいろな機会で活用されますが、今回は各学校への寄贈と共に、貸出し用として教育委員会にも40冊寄贈いただきました。

 ぜひご覧いただきたいと思います。

                                       伊藤保德

臓器1.jpg  臓器提供2.JPG

お問い合わせ

シティプロモーション課
シティプロモーション係
電話:88-2530
スマホ版を表示