• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

No.386 六古窯トークセッション、大盛況!(令和元年8月31日)

ページ更新日:2019年9月15日

 8月31日、愛知県陶磁美術館の地下講堂で「日本六古窯トークセッション」が開催されました。主催は愛知県陶磁美術館ですが、共催が瀬戸市と常滑市ということで開会の挨拶をさせていただきました。
 今回のトークセッションは、日本六古窯が平成29年に文化庁から日本遺産の認定を受けたことを記念した催事の一環です。

 日本六古窯は文字通り古くからやきもの産地として栄え、今なお陶磁器を生産している越前・瀬戸・常滑・信楽・丹波・備前が六古窯として日本遺産に認定されたものです。今回は愛知県の瀬戸・常滑がそれぞれの地で六古窯展を開催し、全体的な記念事業として陶磁美術館で各産地から若手陶芸家に参加してもらいトークセッションが催されました。そこで洋画家でタレントでもある名古屋出身の城戸真亜子さんが基調講演をされました。
 会場は美術館地下の講堂でしたが、定員の200名を大きく上回る方々に入場をいただき、急遽ロビーでモニター席が用意されたほどでした。
 作品はもとより、その作家さんから直接説明が受けられるという機会もあり、多くの人たちにやきものの魅力を感じていただけたと思います。

                                                         伊藤保德

 

セッション1.JPG

 

セッション2.JPG   セッション3.JPG

お問い合わせ

シティプロモーション課
シティプロモーション係
電話:88-2530
スマホ版を表示