• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

No.382  市街地での窯垣めぐりに参加 (令和元年8月17日)

ページ更新日:2019年9月5日

 8月17日、曇り空とはいえ真夏の土曜日午前9時、銀座通商店街「窯のひろば」に集まった30名が、案内人を先頭に「旧山繁商店」に出かけました。施設の見学をした後、「窯垣を探そう!」という散策が始まりました。
 この催しは、「こんなまちに住みたいナ」プロジェクトの主催で行われたようですが、私自身、二つの点で興味を持ち参加しました。
 一つ目は、中心市街地で「窯垣」が数多く残っているとお聞きするものの、あまり目にしたことがないということ。

 二つ目は、市民自らの力でこの地域に人を呼び込もうとする活動の一環であること、です。

 この日案内をしていただいた方は、この地域をしっかり歩いておられ、発見された「窯垣」を地図に表されていました。入り組んだ路地、排水溝の壁、住宅の塀など、じっくり見ることができ時間を忘れるほどでした。
 「不要になった窯道具」はもとより、「出荷されなかった製品」なども利用されており、これぞ瀬戸!という風景を堪能することができました。今後いろいろな催しが計画されるようですが、大いに期待するところです。

                                                         伊藤保德

4.JPG  2.JPG

 

3.JPG  1.JPG

お問い合わせ

シティプロモーション課
シティプロモーション係
電話:88-2530
スマホ版を表示