• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

No.359 将棋まつり 大盛況(令和元年5月25日)

ページ更新日:2019年6月11日

 5月25日・26日の両日、瀬戸市文化センターで「瀬戸将棋まつり」が開催され、両日とも多くの来場者でにぎわいました。
 この催しは、「瀬戸市制施行90周年記念」と銘打たれましたが、平成28年には当時中学生の藤井聡太さんがプロ棋士としてデビュー、初対局から29連勝という大記録を樹立し、出身地である瀬戸市も日本中にその名が知れ渡るようになりました。
 瀬戸市では、藤井棋士の希望でもある「将棋文化の振興」をすべく、瀬戸将棋文化振興協会が組織されました。昨年の8月のことです。そして今回初の試みとして、藤井聡太七段の公開対局を目玉とした「瀬戸将棋まつり」の開催に至りました。
 25日に行われた木村一基九段との対局では、広いホールが満席状態、「藤井グッズ」もあっという間に売り切れという人気の凄さを目の当たりにしました。
 二日目は瀬戸市広報大使の旭堂鱗林さんの講談、公開対局における大盤解説は杉本八段と、おなじみの顔ぶれ登場でとても盛り上がった二日間でした。

                                           伊藤保德

対局.JPG  コメント.JPG

 

記念対局.JPG  講談.JPG

お問い合わせ

シティプロモーション課
シティプロモーション係
電話:88-2530
スマホ版を表示