• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

厚生労働省が告示で定める回数以上の生活援助中心型サービスを位置づけた場合の取り扱いについて

ページ更新日:2018年10月1日

厚生労働省が告示で定める回数以上の生活援助中心型サービスを位置づけた場合の取り扱いについて

 

平成30年10月より、利用者の自立支援・重度化防止や地域資源の有効活用等の観点から、通常のケアプランよりかけ離れた回数の訪問介護(生活援助中心型)を位置づける場合には、保険者へのケアプランの届出が必要となりました。

市は、届出のあったケアプラン等の確認を行い、必要時に地域包括支援センターが主催する地域ケア会議にて、ケアプランの検証を行います。確認・検証は、当該プランを作成したケアマネージャーも同席のうえ実施します。

詳細は以下の「訪問介護の回数が多いケアプランの届出の取扱」を参照し、必要な手続きを行ってください。

 

 ダウンロード

 ・  訪問介護の回数が多いケアプランの届出の取扱_H30.10.1.pdf(103KB)

 ・  訪問介護の回数が多いケアプランフロー_H30.10.1.pdf(101KB)

 ・  訪問介護の回数が多いケアプラン届出書_R1.5.1(103KB)

 ・   訪問介護の回数が多いケアプラン届出書_R1.5.1(33KB)

 

 

資料をご覧いただくために(無料ソフトダウンロード)

Acrobat形式(PDF)、Word形式(DOC)、Excel形式(XLS)をご覧いただけない方は、「資料をご覧いただくために(無料ソフトダウンロード)」のページよりソフトウェアをダウンロード、インストールすることでファイルを開くことができます。提供各社の利用許諾を十分に確認のうえ、自己責任においてダウンロードおよびインストールしてください。

資料をご覧いただくために(無料ソフトダウンロード)

お問い合わせ

高齢者福祉課
指導監査係
電話:0561-88-2623
スマホ版を表示