• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

評価額の計算方法は?

ページ更新日:2018年12月4日

償却資産の評価額は、資産ごとに取得価格及び耐用年数などをもとにして、次の計算式により算出して決定します。

  • 前年中に取得の資産  評価額 = 取得価額 × 減価残存率
  • 前年前に取得の資産  評価額 = 前年度の決定価額 × 減価残存率

 

このようにして計算した評価額の合計を課税標準額とし、これに税率(1.4/100)を乗じて固定資産税額を算出します。
なお、課税標準額が免税点(150万円)に満たない場合、課税はされませんが、150万円未満でも申告が必要となります。

 

資料をご覧いただくために(無料ソフトダウンロード)

Acrobat形式(PDF)、Word形式(DOC)、Excel形式(XLS)をご覧いただけない方は、「資料をご覧いただくために(無料ソフトダウンロード)」のページよりソフトウェアをダウンロード、インストールすることでファイルを開くことができます。提供各社の利用許諾を十分に確認のうえ、自己責任においてダウンロードおよびインストールしてください。

資料をご覧いただくために(無料ソフトダウンロード)

スマホ版を表示