• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

No.272 Glass festival in SETOが開催されました(平成30年9月15日)

ページ更新日:2018年9月15日

9月15日、瀬戸蔵で「Glass festival in SETO」のシンポジウムが開催され、歓迎の挨拶をさせていただきました。

主催のGEN(ガラス教育機関)は、8~9月に瀬戸市美術館で「ガラス表現の今」と題した作品展を開催していて、

この日はシンポジウムと新世紀工芸館でのガラス作家による公開制作が行われ、

若い方を中心に多くの方が集まりました。


瀬戸市は陶磁器の産地として有名ですが、ガラスの原料「珪砂」の産出についても日本有数の地です。
今から20年前、ガラス芸術家の会議が瀬戸市で開催されました。

それがキッカケとなりガラス教育機関が設立され、

20年目の節目に瀬戸市でこうした催しが開催されることになったとのことです。
新世紀工芸館でのガラス制作研修制度もあり、「ツクリテ」も増えてきているようです。
瀬戸は大きな機会を与えてもらっている気がします。

こうした機会を活かし、ガラスに関わる活動が増えることを願っています。

 

                                          伊藤 保德

DSC_1590.JPG

DSC_1593.JPG

 

お問い合わせ

シティプロモーション課
シティプロモーション係
電話:88-2530
スマホ版を表示