• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

第7回Seto CG Kid's Program 3DCGをつかったプロジェクションマッピングが完成

ページ更新日:2018年3月31日

3DCGで作ったプロジェクションマッピングを上映

平成30年2月24日(土)、子どもたちが制作したプロジェクションマッピングを瀬戸市役所のシビックスクエアで上映しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Seto CG Kid's Programとは

 

瀬戸の未来を担う子どもたちに、第一線で活躍するプロの技術や制作現場に触れてもらい、デジタルコンテンツの制作を通じて、ものづくりの楽しさを体験してもらう人材育成型の講座です。

 

第7回Seto CG Kid's Program(平成29年8月4日開催)

 

80名の受講者が3次元コンピュータグラフィックス(3DCG)をつかったプロジェクションマッピングの制作に挑戦しました。

子どもたちは、CGを使ったキャラクターのデザイン、モーションキャプチャーによるアクションシーンの収録やアフレコの体験をしました。

 

 

集合写真

 

 

<第7回Seto CG Kid's Program 講師陣>

 

■プロデュース 岩木勇一郎 氏(瀬戸市出身)プロデューサー・監督/(株)スピード代表取締役

 

■3DCG     加藤真治 氏  (株)スピード CGデザイナー

 

■演技指導   加藤和樹 氏  歌手、俳優、声優とマルチに活躍。

                    主な作品:ミュージカル「テニスの王子様」、「仮面ライダーカブト」

 

■CG概論    安田孝美 教授 名古屋大学 大学院情報科学研究科・情報学部

 

 

 

お問い合わせ

情報政策課
情報政策係
電話:0561-88-2536
スマホ版を表示