• トップページ
  • くらしの情報
  • まちの情報
  • ビジネス・産業
  • 観光情報
  • 市政情報

平成29年火災・救急・救助統計

ページ更新日:2018年1月26日

 平成29年の火災・救急・救助統計を取りまとめましたので、お知らせします。

 

 平成29年中の出火件数は38件(前年比2件増)で、現在の統計を取り始めて以来、3番目に少ない出火件数となりました。損害額は3,610万円(前年比約446万円減)でした。

 出火原因は、「たばこ」が7件で最も多く、次いで「こんろ」が5件、「ストーブ」が3件と続いています。

 

 春先は火災が多発するシーズンです。暖房器具等の取扱いには十分注意するとともに、「お出かけ前、お休み前の火の元点検」、「万一の時の迅速な119番通報」をお願いします。

 また、住宅用火災警報器は定期的に作動テストを行い、10年をめどに交換していただくようお願いします。

 

 平成29年火災・救急・救助統計.pdf           住宅用火災警報器の交換について    

 

    

 

お問い合わせ

消防本部
消防課 予防広報担当
電話:0561-85-0479
ファクシミリ:0561-21-6605
※迷惑メール対策の為、@が画像になっております。
コピーを行った際、【アットマーク】に置き換わりますので、お手数ですが手動で【@】に置き換えて送信をしてください。
スマホ版を表示